ニュース 2021.11.21. 21:04

日本S第2戦はヤクルトが制し1勝1敗 高橋が完封、セ球団の不名誉記録止める

無断転載禁止
オリックス戦に先発したヤクルト・高橋 (C)Kyodo News
2021.11.21 18:00
オリックス・バファローズ 0 終了 2 東京ヤクルトスワローズ
京セラD大阪
【日本シリーズ第2戦】
● オリックス 0 - 2 ヤクルト ○
<11月21日 京セラD大阪>

「SMBC日本シリーズ2021」の第2戦が21日に行われ、投手戦を制したヤクルトが今シリーズの対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。

 ヤクルトは先発した高橋が快投。序盤は走者を背負うピッチングが続いたが、バックの好守にも救われながらオリックス先発・宮城と互角の投手戦を演じた。6回以降はオリックス打線に安打を許さずプロ入り初となる9回のマウンドへ。最後まで得点を許さず、自己最多の133球、5安打無失点5奪三振の大熱投。日本シリーズの大舞台でプロ初完封勝利を成し遂げた。

 打線は両軍無得点のまま8回、2番・青木の中前適時打で先制。9回は二死二塁で7番・オスナが右前打を放ち、右翼・杉本が一瞬ファンブルする間に代走・元山が2点目のホームに滑り込んだ。

 日本シリーズでのセ・リーグ球団の勝利は、2018年の第2戦(マツダスタジアム)で広島がソフトバンクに勝利して以来。4年に渡り続いていたセ・リーグ球団の連敗を「13」で止め、巨人が楽天に勝利した2013年の第6戦(当時Kスタ宮城)から続いていた敵地での連敗も「20」でストップした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西