ニュース 2021.11.23. 23:25

ロッテ、今日も振りまくった!平沢は力強い当たりを連発

無断転載禁止
ロッテの平沢大河


 23日、ZOZOマリンスタジアムでロッテの秋季練習が行われた。

 午前中は投手、野手ともにメディシングボールを使ったトレーニングなどを行ったあと、投手はキャッチボール、ランニングなどで汗を流し、野手陣は2時間以上のノック。山口航輝は外野で守備練習を行ったあと、一塁ミットに持ち替えて内野のノックに参加した。野手陣はノックが終わったあとも、休むことなくランニングを行い午前中の練習は終了。

午後は打撃練習!



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 午後からはみっちりと打撃練習。2人1組で打撃練習、一塁側と三塁側でロングティー、3箇所でティー打撃、今日もバットを振って、振って、振りまくった。

 秋季練習中に井口資仁監督、福浦和也二軍ヘッドコーチ兼打撃コーチから指導を受けることの多い加藤匠馬はこの日も、打撃ケージ内での打撃練習が終わったあと、井口監督から身振り手振り指導を受け、その後のロングティーでも福浦コーチからタイミングの取り方についてアドバイスをもらった。福浦コーチから「いいね」、「OK、OK」といった声もあった。

 “打てる捕手”・佐藤都志也も打撃練習では、右の打撃投手の時に左中間、レフト線に強いライナー性のあたりを連発。守備練習でも、自分の順番が回ってくるまでの隙間時間を使って、1、2球ネットスローするなど、1秒も無駄にすることなく時間を有効に使った。

 佐藤と同い年の平沢大河も、打撃ケージ内の打撃練習で右の打撃投手、マシンのときも左中間、右中間に力強い当たりを何球も放った。打撃練習が終わったあとも、黙々と連続ティー。自分の順番が回ってくるまでの時間を使い、自分の打撃をチェックするように素振り。小川龍成とペアでロングティーをおこなっていたが、小川がロングティーを打っているときも、自分の順番がくるまでの間、平沢は素振りをしていた。

 午前中のメディシングボールトレーニングで平沢とペアを組んだ藤原恭大は、午後の打撃練習で、ロングティーのときに上半身にゴムバンドを巻きつけて打った。ロングティーの合間に素振りをすると、見守っていた福浦コーチが「そう、そう、そう」と反応する場面もあった。

取材・文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西