ニュース 2021.11.24. 19:55

オリックスが1、2番の連打で追いつく ミス逃さず福田が長駆ホームイン!

無断転載禁止
オリックス・福田周平
2021.11.24 18:00
東京ヤクルトスワローズ 2 終了 1 オリックス・バファローズ
東京ドーム

二死無走者から福田&宗のふたりで1点奪う!


 セ・リーグ王者・ヤクルトとパ・リーグ王者・オリックスによる「SMBC日本シリーズ2021」。第4戦(東京ドーム)はヤクルトが2回に1点を先制したものの、6回にオリックスが同点に追いついた。

 オリックス打線はヤクルト先発・石川の前にわずか1安打。1点ビハインドの6回も8番・若月、代打・大下が凡退し、2球で二死を奪われた。それでも続く1番・福田が、フルカウント後の直球を中前へ弾き返し出塁。続く宗もフルカウントまで粘り、6球目のシンカーを右前へ弾き返した。

 この打球を、2回に先制ソロを放っていた右翼・サンタナが一瞬ファンブル。スタートを切っていた福田はトップスピードのまま三塁ベースを蹴り、一気に同点のホームに滑り込んだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西