ニュース 2021.11.24. 20:24

ヤクルト・石川、6回3安打1失点の快投 日本シリーズ初勝利の権利持って降板

無断転載禁止
オリックス戦に先発したヤクルト・石川 (C)Kyodo News
2021.11.24 18:00
東京ヤクルトスワローズ 2 終了 1 オリックス・バファローズ
東京ドーム

これぞベテランの味!2回途中から13打者連続アウト


 ヤクルトの石川雅規投手(41)が24日、オリックスとの「SMBC日本シリーズ2021」第4戦(東京ドーム)に先発登板。6回3安打1失点(自責点0)の快投で日本シリーズ初白星の権利を持ち降板した。

 初回から丁寧な投球でオリックス打線を翻弄。2回は先頭の5番・T-岡田に四球を与えたが、続く安達を遊ゴロ併殺に仕留めピンチの芽を摘んだ。3回からは3イニング連続3者凡退。6回も2球で二死を奪い、2回途中から13打者連続アウトを記録した。

 しかし、1点リードで迎えた6回二死から1番・福田に中前打を許すと、続く宗にもフルカウントからの6球目を右前へ弾き返された。この打球を右翼・サンタナがファンブル。この間にスタートを切っていた一走・福田に同点の生還を許した。

 それでも石川は、続く吉田正を二飛に退け6イニングを最少失点。ヤクルトは6回裏、7番・オスナが勝ち越しとなる中前適時打を放ち、ベテラン左腕に再び勝利投手の権利が発生した。石川は日本シリーズ初出場となった2015年のソフトバンク戦で2度先発したが2敗。このまま勝利投手となれば、日本シリーズ初勝利となる。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西