ニュース 2021.11.25. 21:21

オリックス、接戦制し逆転日本一に望み 追いつかれた直後にジョーンズV弾!

無断転載禁止
9回に決勝ソロを放つオリックスの代打・ジョーンズ (C)Kyodo News
2021.11.25 18:00
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 6 オリックス・バファローズ
東京ドーム
【日本シリーズ第5戦】
● ヤクルト 5 - 6 オリックス ○
<11月25日 東京ドーム>

「SMBC日本シリーズ2021」の第5戦が行われ、接戦を制したオリックスが対戦成績を2勝3敗とし、決着は神戸に場所を移す第6戦以降にもつれ込むことになった。

 オリックスは2-2の同点で迎えた7回、今シリーズ初スタメンの8番・太田が、右中間突破の適時三塁打を放ち逆転。その後も代打・モヤの右前適時打、8回には7番・伏見に左中間突破の適時二塁打が飛び出し5-2とリードを広げた。

 しかし8回裏を託された4番手・ヒギンスが大誤算。先頭から2者連続四球を与え無死一、二塁を招くと、3番・山田に特大の左越え3ランを浴び同点に追いつかれた。

 それでも9回表、代打・ジョーンズが左越えソロを放ち再び1点リード。9回裏は今シリーズ登板となった平野が無失点リリーフで締め、同じく今シリーズ初登板となった5番手・山岡が日本シリーズ初白星を手にした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西