ニュース 2021.11.26. 08:30

ヤクルト・村上の逆方向弾に井端氏「腰が入った素晴らしい本塁打」

無断転載禁止
ヤクルト・村上 (C)Kyodo News
2021.11.25 18:00
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 6 オリックス・バファローズ
東京ドーム
【日本シリーズ第5戦】
● ヤクルト 5 - 6 オリックス ○
<11月25日 東京ドーム>

 ヤクルトの4番・村上宗隆が、日本シリーズ第2号となる本塁打を放った。

 ヤクルトは1-0の4回に4番・杉本裕太郎の適時打で同点に追いつかれた直後の4回裏、この回先頭で迎えた村上がオリックスの先発・山崎福也のストレートを左中間スタンドに放り込んだ。

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第5戦 ヤクルト-オリックス』で解説を務めた井端弘和氏は「ほぼ完璧ですよね。ボール自体はアウトコース狙ったのが若干真ん中よりにきたんですけど、そこは村上選手、無理することなく広角に打って自分が一番打球が伸びますからね。腰が入った素晴らしいホームランでしたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM