ニュース 2021.11.27. 19:49

日本S第6戦は王手のヤクルトが先制 塩見が左前適時打、高梨は4回まで無失点

無断転載禁止
ヤクルト・塩見 (C) Kyodo News
2021.11.27 18:00
オリックス・バファローズ 1 終了 2 東京ヤクルトスワローズ
ほっと神戸

試合開始時の気温8度、極寒の神戸決戦


 オリックスとヤクルトによる「SMBC日本シリーズ2021」。第6戦(ほっともっと神戸)は3勝2敗と王手をかけているヤクルトが先制した。

 ヤクルト打線はオリックス先発・山本に対し、好機は作るもののホームが遠い展開。それでも両軍無得点のまま迎えた5回、先頭の7番・オスナが中前打で出塁すると、続く宮本が投犠打を決め得点圏に走者を進めた。

 一死二塁で9番・西浦は三直に倒れたが、続く塩見が初球のフォークを左前へ。この打球で二塁走者のオスナが巨体を揺らし先制ホームに滑り込んだ。

 今シリーズ初先発となった先発・高梨は走者を出しながらも4回まで無失点。毎回となる7奪三振を奪うなど好投を続けている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西