ニュース 2021.12.24. 11:48

西武の来季スローガンは『Change UP!』 辻監督「一番必要なのは変化」

無断転載禁止
来季のスローガンを発表した西武・辻発彦監督

苦しいときこそギアを上げて


 西武の辻発彦監督が24日、2022シーズンのチームスローガンが『Change UP!』に決定したことを発表した。

 辻監督は「2022シーズン、日本一を掴み取るために我々がしなくてはならないことは数多くあります。まずは目の前の白星を勝ち取るために、すべての選手が“変わる”こと。そして長いシーズン、苦しいところもあると思いますが、そんなときこそギアを上げていきたい。このスローガンのもと、昨年までとは違った野球、そして頼もしい埼玉西武ライオンズをお見せすることを約束いたします」と、今回のスローガンに込められた思いを説明した。

 スローガンの「UP!」という文字は“上向きの矢印”で構成されており、辻監督も「全ての選手が気持ちを一つの方向に向けて、気持ちを上に上にという矢印が入っている」と述べ、「UP!させたいところは?」との質問には「順位を一番上までアップさせてもらいたい」と笑みを浮かべた。

 また、「今シーズンの悔しさ、その気持ちだけを持って戦っても優勝する可能性はないと思う。そういう悔しさも持って、選手一人ひとりが優勝するんだという気持ちを一つにして戦っていかなければ優勝は見えてこない」としつつ、来季に向けては「楽しみでしょうがない。来シーズンは必ずチーム力もアップするでしょうし、十分に優勝を狙えるチームになると思う。来シーズンが非常に楽しみ」と続け、今季成長した若手たちのさらなる飛躍にも期待を寄せた。


▼ 辻監督就任後のスローガン
2021年:『BREAK IT(ブレイク・イット)』
2020年:『Leolution(レオリューション)』
2019年:『CATCH the GLORY 新時代、熱狂しろ!』
2018年:『CATCH the FLAG 2018 栄光をつかみ獲れ!』
2017年:『CATCH the ALL つかみ獲れ!』⇒『CATCH the ALL 栄光をつかみ獲れ!』
※2017年はシーズン終盤にスローガンを変更

▼ 辻監督就任以前までの歴代スローガン
2016年:『BEAST!強く、猛々しく。』
2015年:『ガチ!マジ!LIONS2015』
2014年:『全力!ライオンズ ~攻めも、守りも、応援も。~』
2013年:『骨太!ライオンズイズム2013』
2012年:『出しきれ!ライオンズ』
2011年:『No Limit!2011 勝利への執念』
2010年:『No Limit!2010 逆襲の獅子』
2009年:『No Limit!2009』
2008年:『No Limit!2008』
2007年:『心をひとつに、力をひとつに。』
2006年:『'06 挑戦あるのみ』
2005年:『'05 挑戦ふたたび』
2004年:『'04 挑戦はじまる』
2003年:『栄光へ 全力!』
2002年:『全力 To The Best』
2001年:『Hit!Foot! Get! 栄光への挑戦』
2000年:『More Runs! Hit!Foot! Get! 果敢に攻め、もっと得点を。』
1999年:『栄光へ Hit!Foot! Get! 』
1998年:『夢へ Hit!Foot!Get!』
1997年:『Hit!Foot!Get!』
1996年:『熱く、激しい感動』
1995年:『感動のドラマがある』
1994年:『チャレンジ』
1993年:『新たに』
1992年:『初心』
1991年:『雄々しく』
1990年:『燃えて』
1989年:『魅せる』
1988年:『鍛える』
1987年:『前進』
1986年:『飛躍』
1985年:『爽球』
1984年:『鋭球』
1983年:『闘球』
1982年:『新風』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西