ニュース 2022.01.10. 16:39

ロッテのドラ1・松川が「ちょっとしんどかった」と話した練習は?

無断転載禁止
ロッテのドラフト1位・松川虎生[撮影者=岩下雄太]
 ロッテの新人合同自主トレが10日、ロッテ浦和球場でスタートした。

 ドラフト1位・松川虎生(市立和歌山高)は12分間走で2575mと苦しみ、視察に訪れた井口資仁監督も「後ろに走っていたのは重量級なので、仕方がない」とフォローした。

 キャッチボール、ノック、ティー打撃では軽快な動きを見せ、ティー打撃のときには無観客で球場内が静かだったこともあり、松川が打つたびにパーン、パーンという打球音が響いた。

 初日を終えて松川は「楽しくできましたし、ちょっとしんどかったですね」と振り返り、苦しかったメニューに「ランメニューですね。得意ではないです」と話していた。

 「2月1日のキャンプインに体をいい状態にもっていけるように、まずは基礎体力を磨いてやっていきたいと思います」と意気込んでいた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM