ニュース 2022.04.08. 14:11

ダルビッシュ6回ノーノーの好投もまさか…元阪神スアレス大乱調でサヨナラ負け

無断転載禁止
開幕戦で6回無安打無失点と好投したパドレスのダルビッシュ
○ ダイヤモンドバックス 4 - 2 パドレス ●
<現地時間4月7日 チェイス・フィールド>

 パドレスの開幕投手を務めたダルビッシュ有投手(35)は現地時間7日(日本時間8日)、敵地で行われたダイヤモンドバックスとのシーズン開幕戦に先発。6回まで無安打無失点に抑える好投を見せ、今季初白星の権利を手にしていたが、9回に登板した元阪神のロベルト・スアレスが一つもアウトを奪えないまま降板する大乱調。2点差をひっくり返され、逆転サヨナラ負けを喫した。

 ダルビッシュは立ち上がりから常時95マイル(約153キロ)前後を計測する直球と、スライダー、カットボールの曲がり球を中心としたコンビネーションで、ダイヤモンドバックス打線を料理。初回に特大ファールを打たれた3番・ペラルタへの2四球を含む計4四球と、万全のコントロールではなかったものの、最終イニングは鋭く落ちるフォークでアウトを積み重ねるなど、危なげない内容だった。

 6回終了時点で球数が92球に上ったこともあり、この日は6回無安打無失点、4四球3三振で降板。7回から登板した2番手・ヒルが相手打線に初ヒットを許しピンチを招いたが、元阪神のピアース・ジョンソンがイニング跨ぎで1回1/3を無安打無失点に抑える好リリーフをみせ、ダルビッシュ自身初の開幕勝利も目前に迫っていた。

 しかし、2点差の9回で登板した元阪神のロベルト・スアレスが大誤算。この日がメジャーデビュー戦となった右腕は、3者連続四死球の大乱調で一つもアウトを奪えずに降板すると、無死満塁から火消しを託された5番手・スタメンが初球にワイルドピッチ。1点差とされ、なおも二・三塁のピンチで7番・ビアに2球目のカーブを右翼席へ放り込まれた。

 まさかのサヨナラ3ランでダルビッシュの勝利投手の権利も消滅。デビュー戦で2四球1死球の大乱調だったスアレスに今季1敗目が記録された。

【PR】「ABEMA」ならドジャース戦、パドレス戦が毎日視聴可能!

ABEMA × MLB

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でドジャース戦を含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。ただし、無料配信は一部のため、日本人メジャーリーガーの活躍をすべて観るなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

POINT

① ABEMAプレミアムならすべてのドジャース戦が視聴可能!TV視聴も可能!

追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!

③ 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西