ニュース 2022.04.24. 07:14

日本ハム・吉田輝星の圧巻投球続く 中継ぎ転向後11イニング連続無失点

無断転載禁止
日本ハム・吉田輝星 (C)Kyodo News
2022.04.23 14:00
北海道日本ハムファイターズ 3 終了 9 福岡ソフトバンクホークス
札幌ドーム

江本孟紀氏は「先発復帰」にも期待


 日本ハムの吉田輝星投手(21)が連続無失点記録を14イニングに更新。中継ぎ転向後は8試合で防御率0.00、WHIP0.27と圧倒的な投球を披露している。

 開幕3戦目の先発マウンドを託された吉田輝は、今季初登板のソフトバンク戦で4回4安打3失点で降板し、以降はリリーフへ配置転換。直近8戦合計11イニングでわずか被安打2と好投している。

 23日のソフトバンク戦では、3回7失点でノックアウトされた先発・上沢直之の後を受け4回から登板。ソフトバンクの上位打線を相手に、140キロ台中盤から後半を計測するストレート、スライダーとフォークのコンビネーションで、2イニングを打者6人で抑える完全投球を披露した。

 23日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の谷沢健一さんは「ストレートの走りといい、両サイドのコントロールもしかり、マウンドでずいぶん落ち着くようになりましたね」と、その成長ぶりを好評価。

 同じく番組に出演した江本孟紀さんも「腕が振れている。この投手はピッチングそのものはわかってますから。あとはタイミング。そろそろ(先発で)投げさせてもいいんじゃないか」と先発復帰についても言及した。

 また、両名ともに吉田輝の“マウンド度胸”についても高く評価しており、江本さんは「持っている人と持っていない人がいますから。この投手はある程度(度胸を)持っている」とコメント。18年ドラ1右腕の飛躍に期待を寄せた。

 吉田輝は23日終了時点で今季9試合(先発1試合)に登板し、0勝0敗、防御率1.80の好成績をマーク。今後の起用法も含めて、日本ハムの背番号18に注目だ。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西