ニュース 2022.05.06. 22:22

ソフトバンク逆転で4連勝 中谷が起死回生の移籍後初アーチ、グラシアルV打

無断転載禁止
9回に起死回生の同点2ランを放ち、笑顔でダイヤモンドを一周するソフトバンク・中谷 (C)Kyodo News
2022.05.06 18:00
千葉ロッテマリーンズ 3 終了 5 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン
● ロッテ 3 - 5 ソフトバンク ○
<6回戦・ZOZOマリン>

 ソフトバンクは逆転勝ちで4連勝。2点を追う9回に中谷将大外野手(29)の移籍後初アーチとなる2ランで試合を振り出しに戻し、延長11回はジュリスベル・グラシアル内野手(36)の右前適時打などで2点を勝ち越した。

 ソフトバンク打線はロッテ先発・佐々木朗の前に6回まで1得点。8回は走塁ミスもあり、3安打を集中させながら1点も奪えなかった。それでも2点を追う9回、先頭の7番・上林が振り逃げで出塁し、一死後、代打・中谷が起死回生の同点2ランを左翼席へ運んだ。

 3-3で迎えた11回は、4番・グラシアルの右前適時打で勝ち越し。さらに、ロッテ7番手・中村稔の暴投により貴重な5点目を加えた。

 投手陣は先発の千賀が5回8安打3失点で降板したものの、6回以降は救援陣が無失点リレー。6番手の津森が2勝目(1敗)、2点リードの9回を締めたモイネロは5セーブ目(1敗)をマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西