ニュース 2022.05.08. 07:29

谷繁氏「僕も何回も同じミスをした」西武のドラ3・古賀悠斗にアドバイス

無断転載禁止
西武・古賀悠斗
2022.05.07 14:00
埼玉西武ライオンズ 2 終了 3 北海道日本ハムファイターズ
ベルーナドーム

“偽装バントミス”への対応策


 7日の西武-日本ハム(ベルーナドーム)で珍しいプレーが飛び出した。

 西武が2点リードの6回表、日本ハムは無死一・二塁から打席の野村佑希が初球にバントの構えを見せるも、外角の際どいコースにバットを引いて見逃しボール判定。この瞬間に二塁走者の今川優馬が飛び出し、西武の捕手・古賀悠斗は二塁へ素早くボールを転送したが、この送球モーションの間にスタートをきっていた今川は三塁へ進塁(記録は盗塁)。無死一・三塁と状況が変わり、直後に野村が同点適時打を放った。

 試合後、一連のプレーについて、BIGBOSSこと新庄剛志監督は“偽装バントミス”の作戦だったと主張していたが、同日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の谷繁元信さんは、「これは采配というよりも、正直セカンドランナーがミスしている」との見解を示し、守備側の対応策を以下のように説明した。

 「バッターが見逃して飛び出してますから、ここはランナーのミス。そこに古賀が一拍置けば良いんですけど…僕も何回も同じミスをしたんです。一拍置いてちょっと前に出る余裕があれば、三塁に投げられるようになる。これはキャッチャーのミスなので、今回はいい勉強として、次ああいう場面が来たら『一瞬落ち着く』。そこが大事です」

 古賀は福岡大大濠高から中央大を経て、昨秋ドラフト3位で入団したルーキー捕手。5月3日に初めて一軍昇格を果たすと、同5日にプロ初スタメン初出場。この試合が一軍2試合目の出場だった。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西