ニュース 2022.05.20. 21:03

中日、打線が反撃も3連敗で借金2…大野雄4回5失点で4敗目、佐藤は1回5失点

無断転載禁止
中日・大野雄大 (C)Kyodo News
2022.05.20 18:00
広島東洋カープ 11 終了 5 中日ドラゴンズ
マツダスタジアム
○ 広島 11 - 5 中日 ●
<9回戦・マツダスタジアム>

 中日は打線が意地を見せるも、投手陣が失点を重ね大敗。3連敗で借金2となった。

 先発・大野雄が、苦手の敵地でまたも打ち込まれた。初回、連打と四球で無死満塁のピンチを招き、4番・マクブルームに痛恨の満塁被弾。3回は5番・坂倉に左前適時打を許し5点目を失った。左腕は4回5失点で今季最短KO。今季4敗目(2勝)を喫し、マツダスタジアムではこれで、2015年から12戦未勝利となった。

 5回は2番手の佐藤が、6番・小園に右越え3ランを浴びるなど打者一巡の猛攻を受け一挙5失点。2投手で早くも2ケタ失点を喫した。

 打線は意地を見せた。4点を追う2回に6番・阿部が5号ソロを左翼席へ運ぶと、9点を追う6回も阿部が2点適時二塁打を左翼線に運んだあと、コロナから復帰した7番・木下が3号2ランを左翼席へ。広島先発の大瀬良から5点を奪ったが、5回までに失った10点があまりにも重すぎた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西