ニュース 2022.05.21. 07:14

オリックスの田嶋が今季初勝利 阿波野氏「3連勝していてもおかくない」

無断転載禁止
オリックス・田嶋大樹

開幕から7試合目で今季初勝利


 20日の楽天戦に先発したオリックスの田嶋大樹は7回、無失点、7奪三振と好投し今季初勝利を挙げた。

 今季6戦未勝利だった田嶋は、走者を背負いながらも序盤3イニングを無失点で切り抜けると、1点リードの4回に2四死球が絡んで招いた無死満塁の大ピンチを招くも、炭谷銀仁朗を中飛、武藤敦貴を空振り三振、西川遥輝を一ゴロに打ち取り無失点ピッチング。要所を締める粘りの投球でゲームメイクした。

 20日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した阿波野秀幸さんは「田嶋は3連勝していてもおかしくないんですよ。今日勝ちがつきましたけど、このボールを投げていればどんどん(勝ち星が)増えていくと思います」とコメント。6日の楽天戦(7回、1失点、9奪三振)と13日のロッテ戦(7回、2失点、6奪三振)に続き、安定した内容を称賛した。

 好投の要因については「インステップ気味に投げているので角度がものすごくある。なので右バッターも打ちづらい」と説明すると、同じく解説を務めた谷沢健一さんも「腕の位置を上げたりサイドにしたり(試合中に)フォームを変えるピッチャーなんですよね」と相手打者によってフォームを変えることができる器用さを評価した。

 田嶋は今季7試合に先発登板し、防御率2.42、1勝2敗。クオリティ・スタート率85.7は、山本由伸(4勝2敗)、田中将大(4勝2敗)、東浜巨(4勝1敗)と並ぶリーグ2位タイにつけている。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西