ニュース 2022.05.28. 16:56

広島、交流戦2カード連続の負け越し 九里、大瀬良、森下でまさかの3連敗

無断転載禁止
広島・佐々岡真司監督
2022.05.28 14:00
福岡ソフトバンクホークス 11 終了 1 広島東洋カープ
PayPayドーム
○ ソフトバンク 11 - 1 広島 ●
<2回戦・PayPayドーム>

 広島はソフトバンク相手に2戦連続の大敗。3連敗で2カード連続の負け越しが決まり、残る貯金は3つとなった。

 1点の援護をもらい敵地のマウンドに上がった先発・森下。初回は2三振含む3者凡退スタートを切ったものの、2回は連打と犠打で一死二、三塁のピンチを招き、自らの暴投で同点となる三塁走者の生還を許した。7番・柳町には左前適時打を許し1-2と逆転。さらに、プロ初スタメンの9番・渡邉に左越え3ラン、2番・牧原大には右翼席へのソロ本塁打を浴び、瞬く間に1イニング6失点となった。

 4回も渡邉に2打席連発の左越えソロを浴び7点目を失うと、続投した6回にも渡邉に左前適時打を許すなど2失点。6回途中8安打9失点(自責点8)で2敗目(4勝)を喫し、1試合9失点は2回8失点だった4月17日の中日戦(マツダ)を上回り自己ワーストとなった。

 打線は初回、4番・マクブルームの左前適時打で先制するも2回以降は無得点。0-7で敗れた前夜に続き2戦連続の大敗を喫した。

 広島は先週末の中日戦で3連勝。貯金6で交流戦に入ったが、2カード連続の負け越しスタートとなった。この3連敗は九里が5回途中6失点(自責点5)、大瀬良が5回5失点、そして森下は6回途中9失点。頼みの先発三本柱が総崩れとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西