ニュース 2022.06.02. 23:02

広島・中村奨成、今季初の先発マスクで勝利に貢献「張り切っていきました」

無断転載禁止
広島・中村奨成
2022.06.02 18:00
広島東洋カープ 6 終了 3 北海道日本ハムファイターズ
マツダスタジアム
○ 広島 6 - 3 日本ハム ●
<3回戦・マツダスタジアム>

 広島は今季初の交流戦勝ち越し。「8番・捕手」で先発出場した中村奨成捕手(22)が存在感を示した。

 広島は1点を追う5回、一死満塁で4番・マクブルーム、5番・坂倉が押し出し四球を2者連続で選び逆転。二死満塁後、今後は7番・宇草が押し出し死球を受け3点目を奪った。さらに、続く中村奨が右越え適時二塁打を放ち満塁の走者が全員生還。一挙6点のビッグイニングとした。

 先発の九里は6回に2点を返され降板したが、6回途中8安打3失点で3勝目(3敗)。3点リードの9回をパーフェクトで締めた栗林は11セーブ目(1敗)を記録した。

 マツダスタジアムで初のお立ち台に上がった中村奨は、開口一番「最高です」と笑顔。5回の3点適時二塁打については「満塁だったので『何とか自分が返す』という思いで打席に入りました。(打球が)抜けたときの大きな声援は聞こえてましたし、すごく力になりました」と今季初打点を振り返った。

 守備では3回、重盗を仕掛けられ先制を許す場面もあったが、5回は二盗を阻止する鋭い送球を披露。「すごく緊張しましたけど、(九里)亜蓮さんを勝利投手にすることができてよかった。久しぶりのスタメンマスクだったので張り切っていきました」と、今季初の先発マスクで新たな可能性を示した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西