ニュース 2022.06.22. 22:23

広島、阪神戦9連勝で3位キープ 宇草のサヨナラ弾でドラ5松本プロ初勝利!

無断転載禁止
広島・宇草孔基 (C) Kyodo News
2022.06.22 18:00
広島東洋カープ 5 終了 4 阪神タイガース
マツダスタジアム
○ 広島 5x - 4 阪神 ●
<10回戦・マツダスタジアム>

 広島は延長11回、2番・宇草の右越えソロでサヨナラ勝ち。今季の阪神戦は1分けを挟み負けなしの9連勝。借金を「3」に減らし3位の座を守った。

 広島打線は阪神先発・ガンケルに10安打を浴びせるも、一気に畳みかけることができず5回まで3得点。今季10先発目の遠藤は5回6安打2失点で降板した。1点リードの6回は2番手・矢崎がパーフェクト救援を見せたが、7回に3番手のケムナが1点を失い3-3の同点に追いつかれた。

 8回は森浦、9回は栗林がゼロを並べたが、延長10回を託されたドラフト5位の松本が、先頭から連打を浴び失点。この試合初めて阪神にリードを許した。

 それでもその裏、先頭の5番・坂倉が5号ソロを右翼席へ運び同点。そして11回は二死無走者の場面で、宇草が今季1号ソロを右翼席へ運びサヨナラ勝ちした。

 6番手の松本は11回もマウンドに上がり、2イニング目はキッチリと3人で退けるパーフェクト救援。宇草のサヨナラ弾で白星が転がり込み、2回2安打1失点の内容で待望のプロ初勝利(1敗)をマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西