ニュース 2022.06.23. 18:33

ヤクルト・村上が初回に22号満塁弾 今季4本目のグラスラで打撃2冠独走

無断転載禁止
ヤクルト・村上宗隆 (C)Kyodo News
2022.06.23 18:00
中日ドラゴンズ 0 終了 10 東京ヤクルトスワローズ
バンテリンドーム

「三冠王」視野…打率も上昇中


 ヤクルトの村上宗隆選手(22)は23日、敵地での中日戦に「4番・三塁」で先発出場し、初回に22号先制満塁本塁打を放った。

 相手先発・岡野祐一郎に対し、塩見泰隆と山崎晃大朗が連打で出塁し、山田哲人は死球で満塁。初回の絶好機で打席に入ると、カウント3-2から真ん中低めのフォークを泳ぎながらとらえ、低い弾道のアーチを右翼席最前列へ。自身3試合ぶりの一発が今季4本目のグランドスラムとなった。

 試合前時点でリーグトップだった本塁打数は2位・岡本和真(巨人)に3本差。今季68試合目で打点も「60」に乗せ、2位・大山悠輔(阪神)に8差と独走している。

 また、6月に入ってからは打率も4割超えと絶好調で、首位打者の佐野恵太(DeNA)に次ぐリーグ2位と上昇気配。三冠王の最有力候補として、自慢の打棒を存分に発揮している。


▼ 打率ランキング
.329 佐野恵太(De)
.306 村上宗隆(ヤ)
.297 坂倉将吾(広)

▼ 本塁打ランキング
22本 村上宗隆(ヤ)
19本 岡本和真(巨)
18本 大山悠輔(神)

▼ 打点ランキング
60点 村上宗隆(ヤ)
52点 大山悠輔(神)
50点 岡本和真(巨)

※成績は6月23日18時30分時点

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西