ニュース 2022.07.01. 07:14

阪神の初回4失点を招いた緩慢送球…金村氏「目に見えないミスが終盤に響いてくる」

無断転載禁止
初回に4失点を喫した阪神・先発のウィルカーソン(左から2人目)(C) Kyodo News

緩慢な送球が失点につながる


 30日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に生出演した野球解説者の金村義明さんが、初回の阪神の守備に苦言を呈した。

 阪神は初回、先発のウィルカーソンが先頭・桑原将志と、2番・大田泰示の連続ヒットで無死一・二塁とされると、佐野恵太にセンターへのタイムリーヒットを打たれ先制を許す。続く、牧秀悟はピッチャーゴロに打ち取るも、宮崎敏郎の2点タイムリーツーベースで追加点を奪われると、一死後、森敬斗のライト前で4失点目を喫した。

 金村さんは初回の阪神の守備について「記録に表れない送球ミスが目についたんですよ。佐野のセンター前は(2塁ランナーが俊足の)桑原なのでどう考えても1点ですよね。(送球は)サードにつなぐべきなんですがホームにつないでしまった」と、センターの近本光司が間に合わないタイミングで本塁へ送球し、結果的に一走の大田に三塁への進塁を許してしまったと言及した。

 続く、牧のピッチャーゴロで三走・大田が飛び出した場面については「ゲッツー体制なんですけど、軽く(ホームに)投げて(三塁に)戻られるんですよ」と二塁手・山本泰寛の緩慢なプレーを指摘。

 さらに宮崎敏郎の2点タイムリーの場面にも触れ「レフトが取れなかったのはしかたないにしても、(中継プレーは)三塁に繋がなければいけないんですが、間に合わないホームに投げて楽々三塁打にしてしまった」と言及した。

「こういう目に見えないエラーというのがやっぱり終盤に大きく響いてくるんですよ。記録に表れない『E』はつかないんですけどこういうところですよね」と苦言を呈した。

 大久保さんも「勝てないチームは(見えないミスが)多いですよ。(阪神は)せっかく連勝して盛り上がってきたのですが…」とチームの勢いを削ぐプレーに懸念を示した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西