ニュース 2022.07.02. 12:04

大谷翔平、18号先制ソロもまた空砲…ロレンゼン8失点KOでエンゼルス逆転負け

無断転載禁止
初回の第1打席に先制の右越えソロを放ったエンゼルスの大谷
○ アストロズ 8 - 1 エンゼルス ●
<現地時間7月1日 ミニッツメイド・パーク>

 エンゼルスの大谷翔平選手(27)が1日(日本時間2日)、敵地でのアストロズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。初回に先制点となる18号ソロを放ったが、チームは逆転負けを喫し再び借金「5」となった。

 節目のメジャー通算500試合目となった大谷。初回、二死無走者の場面でアストロズの先発・ハビエルと対戦し、フルカウント後のスライダーを右翼2階席へ運んだ。今季18号ソロは、打球速度105.7マイル(約170キロ)、飛距離394フィート(約120メートル)の豪快弾。2試合ぶりの一発でチームに先制点をもたらした。

 2回以降、奪三振ショーを展開したハビエルの前に、3回の第2打席は三ゴロ、7回の第4打席は遊ゴロ。エンゼルスは計2安打に封じ込まれ、大谷は3打数1安打1打点の打撃結果で打率は.266となった。

 大谷の18号ソロで先制したエンゼルスだったが、先発のロレンゼンが3回8安打8失点(自責点7)でノックアウト。右腕は自身3連敗で今季6敗目(6勝)を喫した。

 大谷は6月21日(同22日)のロイヤルズ戦で2本の3ランを含むキャリア最多の1試合8打点を記録したが、チームは11-12で敗戦。141メートルの超特大16号ソロを放った6月25日(同26日)のマリナーズ戦、17号ソロを放った6月28日(同29日)のホワイトソックス戦もチームは敗れており、これで本塁打を放った試合は4連敗となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西