ニュース 2022.07.10. 07:29

「絶対にこの球は投げちゃいけない」ロッテ・小島の失投を五十嵐氏が指摘

無断転載禁止
ロッテ・小島和哉 (C)Kyodo News
2022.07.09 18:00
オリックス・バファローズ 3 終了 1 千葉ロッテマリーンズ
ほっと神戸

“エース”だからこそ求められるレベルも高く


 ロッテはオリックスとの投手戦を落とし連勝ならず。“球界のエース”山本由伸と投げあった小島和哉は5回2失点でなんとか試合を作ったものの、リーグワーストに並ぶ今季7敗目(1勝)を喫した。

 立ち上がりの失点が痛かった。初回二死一塁で4番・吉田正尚と対峙すると、初球の甘く入ったストレートを左翼フェンス直撃打とされ、いきなり失点。3回も一死から3番・中川圭太に三塁打で出塁され、続く吉田正に2ボールから甘く入ったカットボールを左翼後方に運ばれた。

 9日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した五十嵐亮太さんは、“難敵”山本との投げ合いだったということもあり、初回の吉田正への失投を「絶対にこの球は投げちゃいけない」とバッサリ。長打警戒の場面で捕手の佐藤都志也は内角速球を要求していたが、「小島選手はちょっと警戒する意識が弱かったんじゃないか」と厳しい指摘を続けた。

 また、「キャッチャーとすると1打席目にインコースのサインを出して甘く来ているので、2打席目はサインを出すのがちょっと怖い」と、初回の適時打が後の配球に影響した点も指摘。3回の適時打は吉田正が外角のボールに狙いを定めやすい状況で、失投をとらえられたと分析した。

 なんだかんだで5回2失点。小島は試合を作ったという見方もできるが、「試合を作ってはいるけど、勝つピッチングができたかというと、そうではなかった」と五十嵐さん。他球団のエース、特に山本との投手戦だったことを考えれば、この試合での小島の投球は不用意かつ物足りないものに映ったようだ。

 ただ、こういった厳しい指摘は、小島が好投手との投げ合いで白星を期待される存在になってきていることの裏返しでもある。

 「彼はこれから左のエースとしてロッテを背負っていく選手だと思うので、そういったところの意識というのは監督だったりコーチも求めていると思う。もう一段階、二段階レベルを上げてやっていけば本当に良い投手になるんじゃないかと思います」

 今季の小島はなかなか勝ち運に恵まれていないが、これも次なるステップへ進むための試練なのかもしれない。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西