ニュース 2022.07.14. 20:50

阪神・中野、得意の第1打席で安打!鳥谷氏「1番として良い働き」

無断転載禁止
阪神・中野拓夢 (C)Kyodo News
2022.07.14 18:00
阪神タイガース 3 終了 0 読売ジャイアンツ
甲子園
○ 阪神 3 - 0 巨人 ●
<15回戦・甲子園>

 阪神の“トップバッター”中野拓夢が、得意の第1打席で安打を放ち、先制点に結びつけた。

 6月22日の広島戦から1番に座り、同日から14日の試合前まで第1打席の打率.438をマークする中野は、この日も第1打席に二塁への内野安打で出塁。近本光司の左安で先制のホームを踏んだ。

 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた鳥谷敬氏は、「1番バッターとしては最初の打席はかなり重要になってきますし、そこでヒットが出るか、塁に出るか出ないかによって流れも変わってくる。そういう意味では1番として良い働きができているんじゃないかと思いますね」と評価した。

(提供=MBSベースボールパーク)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM