ニュース 2022.08.03. 06:29

DeNAに勝利を呼び込んだ捕手・嶺井の“隠れた”好プレー 達川氏「全く無駄がなかった」

無断転載禁止
DeNA・嶺井博希(左) (C)Kyodo News

完璧中継で勝ち越しを阻止


 2日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に生出演した野球解説者の達川光男さんが、DeNAの捕手・嶺井博希の“隠れた”好プレーを称賛した。

 1-1で迎えた3回、DeNA先発・今永昇太は、森下暢仁にヒットを許し、二死から菊池涼介に右中間を破られる。しかし、右翼手・蝦名達夫から二塁手・牧秀悟、捕手の嶺井へと繋ぐ中継プレーで本塁生還を阻止する好プレーで勝ち越し点を与えなかった。

 番組で解説を務めた達川さんは「森下がヒット打ってその後に菊池がライトオーバーのツーベースを打つんですが、この時にライトの蝦名が目測を誤るんですよ。でも、(中継の)牧が取って速かったですね。そしてキャッチャーの嶺井が中途半端なワンバウンド(送球)を基本のグラブを下から上にすくい上げてタッチしました。(このプレーは)全く無駄がなかったですね。これは上手かった」と一連の中継プレーを振り返った。

「これはもう一回やれと言ってもなかなかできないですよ。超ファインプレーですね。このプレーで今永が勝ち投手になったと言っても過言ではないですね」と評価し、「嶺井は今日祝杯挙げてください」と独特の言い回しで称賛した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西