ニュース 2022.08.10. 19:14

ロッテ・荻野貴司が通算1000安打達成 左翼線への適時二塁打で5戦連続安打

無断転載禁止
ロッテ・荻野貴司 (C)Kyodo News
2022.08.10 18:00
千葉ロッテマリーンズ 3 終了 4 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン

還って来た切り込み隊長、打率もジワジワ上昇


 ロッテの荻野貴司外野手(36)が10日、ソフトバンク戦(ZOZOマリン)の3回に左翼線を破る適時二塁打を放ち、史上313人目の通算1000安打を達成した。

 ロッテは先発の佐々木朗が2回に3失点。序盤から追いかける展開となったが、3回に先頭の7番・安田が右翼への二塁打でチャンスメイク。8番・エチェバリア、9番・松川は倒れ二死となったものの、1番・荻野がソフトバンク先発・東浜の2球目カットボールを左翼線へ。これが適時二塁打となり反撃の狼煙を上げた。

 13年目のベテランにとって、これが節目の1000安打。三木から記念パネルを受けると、二塁ベース上で高々と掲げファンの拍手を浴びた。

 荻野は奈良・郡山高、関西学院大、トヨタ自動車を経て、2009年のドラフト1位でロッテ入り。長らく故障に泣かされるシーズンが続いたものの、昨季は12年目で自身初の全試合出場を達成。最多安打と盗塁王のタイトルに輝いた。今季は再び故障で出遅れたものの、7月は月間打率.338を記録するなどジワジワ上昇。8月9日の時点で打率.311と得点力に苦しむチームの中で存在感を示している。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西