ニュース 2022.09.03. 14:47

ダルビッシュ有、記録尽くめの12勝目 日米通算3000奪三振&4年連続規定回到達&日本人通算1000勝目、チームはWC2位浮上!

無断転載禁止
ドジャース戦に先発登板したパドレスのダルビッシュ有
● ドジャース 1 - 7 パドレス ○
<現地時間9月2日 ドジャー・スタジアム>

 パドレスのダルビッシュ有投手(36)が2日(日本時間3日)、敵地でのドジャース戦に先発登板。メジャー最高勝率打線を7回2安打無失点に封じ、今季12勝目(7敗)を挙げた。

 今季25戦目の相手は、ここまで貯金50を積み上げメジャー最高勝率.692を記録していたドジャース。ダルビッシュは初回を3者凡退で終えると、2回は二死一、二塁のピンチを凌ぎゼロを刻んだ。すると直後の3回表、味方打線が強力援護。3番・マチャドの25号2ラン、6番・ドゥルーリーの25号2ランで一気に4点を先制した。

 援護を受けたダルビッシュは3回以降もゼロ行進。5回はベリンジャーからこの試合6つ目の三振を奪い、2003年の野茂英雄(ドジャース)以来2人目となる、日米通算3000奪三振を達成した。6回以降も快調にゼロを並べ、7回111球、2安打無失点、9奪三振4四死球の内容で降板。防御率は3.26に良化した。

 パドレスは敵地で快勝し、ダルビッシュは自身2連勝。この白星が日本メジャーリーガーの通算1000勝目となった。さらに、節目の日米通算3000奪三振に到達しただけではなく、今季の投球回は162回2/3となり、早くも4年連続となる規定投球回をクリア。パドレスは4連勝で貯金を15に伸ばし、ワイルドカード(WC)2位に浮上した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西