ニュース 2022.09.05. 12:02

鈴木誠也の連続試合安打は7でストップ カブスは一発に泣き3連敗

無断転載禁止
カブス・鈴木誠也
○ カージナルス 2 - 0 カブス ●
<現地時間9月4日 ブッシュ・スタジアム>

 カブスの鈴木誠也外野手(28)が4日(日本時間5日)、敵地でのカージナルス戦に「2番・右翼」で先発出場。4打数無安打に終わり、連続試合安打は7でストップした。




 直近9試合で6度のマルチ安打をマークするなど、状態上向きだった鈴木。しかし、この日は元巨人マイルズ・マイコラスの前に苦しい戦いを強いられる。

 初回の第1打席は投ゴロ、4回先頭の第2打席も遊ゴロに倒れ、二死一塁の第3打席も三ゴロ。捉えきることができず、チームも8回まで2安打に封じられてしまった。

 迎えた8回、この回から登場した2番手のブランドン・ヒューズが代打のアルバート・プホルスに痛恨の被弾。この2点が決勝点となり、カブスはこのカード3連敗となった。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西