ニュース 2022.09.14. 20:46

ソフトバンク、4連勝で2位オリックスと2差 西武に3タテ食らわし首位固め!

無断転載禁止
アルフレド・デスパイネ (C) Kyodo News
2022.09.14 18:00
福岡ソフトバンクホークス 6 終了 1 埼玉西武ライオンズ
PayPayドーム
○ ソフトバンク 6 - 1 西武 ●
<23回戦・PayPayドーム>

 ソフトバンクが西武との天王山3連戦に全勝。4連勝で貯金10とし、この日は試合のなかった2位・オリックスとのゲーム差を「2」に広げた。

 西武先発の隅田に強烈な先制パンチを浴びせた。初回、1番・周東、2番・三森の連打などで一死満塁の好機を作ると、5番・デスパイネが2点適時二塁打を左中間へ運び先制。その後も6番・牧原大、7番・正木、8番・中村晃の3連続適時打で3点を加え、打者10人を送り込む猛攻で一挙5点のビッグイニングとした。

 2回以降は立ち直った隅田から追加点を奪えなかったが、8回は2番手の宮川に対し、二死から牧原大が4安打目となる左翼線二塁打でチャンスメイク。続く柳町が代打起用に応える中前適時打を放ち、ダメ押しとなる6点目を加えた。

 打線の援護を受けた先発・石川は、7回途中8安打1失点と粘り6勝目(9敗)。リリーフ陣は嘉弥真、藤井、レイが無失点リレーで締めた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西