ニュース 2022.10.06. 13:35

巨人・村田修一コーチら6人が退任…5年ぶりBクラスに終わり首脳陣入れ替え

無断転載禁止
巨人・増田(背番号61)を迎える村田修一コーチ(左)と原辰徳監督(右)

一軍打撃コーチは3人全員が退任


 巨人は6日、金杞泰(53)一軍打撃コーチ、村田修一(41)一軍打撃兼内野守備コーチ、横川史学(37)打撃コーチ、實松一成(41)バッテリーコーチ、松本哲也(38)二軍外野守備走塁コーチ、後藤孝志(53)三軍打撃コーチの退任を発表した。

 今季の巨人はチーム打率.242、チーム防御率3.69ともにリーグ最下位に低迷。得点数はヤクルト、広島に次ぐ548得点を記録したが、リーグワーストの589失点を喫するなど、投打の歯車が噛み合わず、5年ぶりのレギュラーシーズン4位に終わった。

 今回の発表では、一軍から打撃コーチ3人とバッテリーコーチ1人、ファームコーチ2人の退任を発表。逆襲を期す来季は、多数のコーチングスタッフを入れ替え開幕を迎えることになりそうだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西