ニュース 2022.10.09. 07:14

高木豊氏「徹底してた。本当に見事」阪神打線が今永攻略へ見せた姿勢を称賛

無断転載禁止
DeNAに勝利し、タッチを交わす阪神ナイン(C) Kyodo News
2022.10.08 14:00
横浜DeNAベイスターズ 0 終了 2 阪神タイガース
横浜
【セCSファーストステージ第1戦】
● DeNA 0 - 2 阪神 ○
<10月8日 横浜>

 8日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の高木豊さんと谷繁元信さんが、『2022 JERA クライマックスシリーズ セ』ファーストステージ第1戦を制した阪神打線について言及した。

 阪神はDeNA先発・今永昇太の前に4回までゼロ行進。それでも0-0で迎えた5回、一死無走者から9番・青柳晃洋と1番・中野拓夢の連打で一・二塁のチャンスを作ると、2打席凡退していた糸原健斗に「代打」ジェフリー・マルテを起用。このマルテがカウント0-2から四球で繋ぎ、続く3番・近本光司が決勝の2点適時打を放った。

 終わってみれば中野と近本の上位2人だけで7安打8出塁をマークしながら2点止まりと、必ずしも打線が機能したとはいい難い試合運びだったが、内容以上に結果が求められるのがポストシーズン。阪神にとってはスコアボードに得点を刻んだ5回の攻撃が、ファイナルステージ進出に王手をかけるターニングポイントとなった。

 試合を振り返った高木さんは「(阪神打線で)素晴らしかったと思うのが“選球眼”ですよ。チームで徹底してたんじゃないですかね。今永が誘ってくる低めのボールに全然手を出さない。マルテは今日の殊勲者ですけど、2ストライクに追い込まれてから4球連続で誘い球を振らない。これをやられるとバッテリーは困ると思う」と、5回の逆転劇を呼び込んだ代打・マルテの打席に注目。

 「あそこを打たせてゲッツー取りたいという所を我慢していた。今日は徹底されていましたから、本当に見事だった」と、低めのボールを見極めようという姿勢を見せた阪神打線に賛辞を並べた。

 また、現役時代に名捕手として活躍した谷繁さんは、低めのボールを見極められることで「バッテリーとしてはどうしてもストライクゾーンをちょっとずつ上げていかなければいけないというイメージになる」とコメント。打者の姿勢が守備側にプレッシャーを与えると指摘した。

 9日のDeNA先発は右腕の大貫晋一。ファイナルステージ進出に王手をかけて臨む第2戦もチーム一丸で攻略なるか。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西