ニュース 2022.10.26. 14:10

打順変更で山田復活のヤクルト打線「戻すのもあり」「迫力満点になってきた」

無断転載禁止
5回に先制3ランを放ち、先発の高橋(左)らに迎えられるヤクルト・山田 (C)Kyodo News
2022.10.25 18:30
オリックス・バファローズ 1 終了 7 東京ヤクルトスワローズ
京セラD大阪

井端氏は「復調」太鼓判


 『SMBC日本シリーズ2022』第3戦はヤクルトが7-1で勝利。オリックスを相手に2勝1分けとし、球団史上初の日本一連覇へ前進した。

 第3戦では打順変更が功を奏した。第2戦まで9打数0安打5三振と不振に喘いでいた山田哲人を「1番」に起用すると、見事に試合を決める値千金の決勝3ラン。頼れる男に復活の一発が飛び出した。

 25日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の笘篠賢治さんは、「山田がこうやって結果を出して、穴がないというか、迫力満点になってきましたね」とヤクルト打線の状態についてコメント。第4戦は「塩見を1番、山田を3番に戻しても問題ないのかなと思いますね」との見解を示した。

 山田と入れ替わる格好で「3番」に入った塩見は、第1、第2打席と連続三振し3打数ノーヒット。終盤に2打席連続死球で出塁こそあったが、持ち前の打棒で快音を響かせることは出来なかった。

 塩見の打撃内容について、同じく番組に出演した井端弘和さんは、「1、2打席目は少し差し込まれた三振をしていた。3番は不慣れなところもあると思いますし、(1番に)戻すのも十分ありだと思います」と話した。

 山田についても、「2安打して、アウトになった打球もサードに鋭い打球を打ってましたので、本調子というか、いつもの山田選手に戻ったと思う。3番というのも十分行けると思う」と状態は上がっていると分析。

 番組MCを務めた大久保博元さんからは「良い形で出ているから(打順を)変える必要ないとも思いますけど…」という声もあったが、高津監督は第4戦でどのようなスタメンを組むのか、注目だ。


第1~2戦と第3戦のスタメン

1.(中)塩見   (二)山田
2.(左)山崎   (右)宮本
3.(二)山田   (中)塩見
4.(三)村上   (三)村上
5.(一)オスナ  (一)オスナ
6.(捕)中村   (捕)中村
7.(右)サンタナ (指)サンタナ
8.(遊)長岡   (左)キブレハン
9.(投)     (遊)長岡

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西