ニュース 2022.10.27. 06:44

シリーズの命運握る第5戦…カギは打率1割台の「吉田正」と「頓宮」?

無断転載禁止
頼れる主砲のバットに当たりは戻るか (C) Kyodo News

「楽に観る」ために打線の奮起も不可欠


 『SMBC日本シリーズ2022』は26日に京セラドーム大阪で第4戦が行われ、オリックスが1-0で辛勝。

 3回に杉本裕太郎の適時打で挙げた1点を投手陣の奮闘で守り切り、今シリーズ初勝利を挙げた。




 27日の第5戦が終わると、1日空けて29日からは神宮での戦いに。敵地への移動を前に、どうにか対戦成績をタイに戻しておきたいというのがオリックスの本音だろう。

 そのために重要なのは、まず先発投手。26日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した谷繁元信氏は、「第4戦の中継ぎの使い方を見ると、第5戦も同じようにというわけにはいかない」とコメント。

 前夜に宇田川優希が1回と2/3、山﨑颯一郎は2回とイニングを跨いでいるだけに、「いくら1日空くとはいえ、この2人は行けても1イニングとなるはず」とし、「となると田嶋には1イニングでも、1人でも長くゼロで進めてもらわないと苦しくなる」と、田嶋大樹の奮起を大きなポイントに挙げた。


 また、谷繁氏は打線のキーマンについて「宗佑磨と吉田正尚」を指名。「この2人が打つとオリックス打線は繋がってくる」とし、シーズン中でもポイントゲッターとなった打線の核に注目する。

 吉田は今シリーズまだ2安打で打率.167と苦しんでいるが、「やっぱり攻めが厳しい。四球は多いんですが、その分無理に打ちに行くところも見られるので、そこがどうなるか」とし、結果を求められる中でも冷静に“好球必打”に徹することができるかどうかをカギとした。

 一方、番組MCを務める野村弘樹氏は「頓宮裕真」に注目。

 「走者がいるところで回ってくることが多いんですよね。このシリーズはまだ1安打なんですが、相手も左の山下輝ということで、出番があればキーマンになる」とコメント。

 第4戦では、4番・5番で2人が並びながらもともに快音は響かず。ともに打率1割台と苦しんでいるが、この中軸に当たりが戻ってくれば、中嶋聡監督が試合後に語った「点を取って楽に試合を観る」ことも叶うだろう。

 ひとまず対戦成績をタイにするためにも、今夜の第5戦では先発の田嶋と、打線の核を担う宗・吉田正・頓宮に注目だ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

【PR】オリックス・バファローズを観戦するなら「DAZN Baseball」

今季リーグ4連覇と日本一奪還を目指すオリックス。エースの山本由伸が抜けた穴を埋めるのは宮城大弥か山下舜平大か先発陣の活躍に注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

楽天モバイルなら追加料金ゼロで
パ・リーグが楽しめる!【PR】

楽天モバイル パ・リーグSpecial

楽天モバイルに申し込み「Rakuten最強プラン」を契約すると、公式戦やオリジナル番組を追加料金0円で楽しめます。携帯キャリアを乗り換えず、「デュアルSIM」としての契約もおすすめ。パ・リーグをお得に観戦できるチャンスをお見逃しなく。

POINT

① パ・リーグ主催の公式戦・オリジナル番組が見放題!

② 見逃し配信にも対応! スマホやTVなど好きなデバイスで視聴可能!

③ キャリア乗換不要。お得で手軽な「デュアルSIM」契約もオススメ!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成