ニュース 2022.10.28. 06:14

ヤクルト王手目前で痛恨の逆転サヨナラ負け 真中氏「村上がちょっと気になりますね」

無断転載禁止
ヤクルト・村上宗隆 (C)Kyodo News

村上は2試合連続無安打


 ヤクルトは痛恨の逆転サヨナラ負けで2連敗。

 ヤクルトは初回、5番・オスナの中前適時打で先制。2回は8番・サンタナの左越えソロで2点目。2-3と逆転された直後の6回は、9番・長岡秀樹の右前適時打で追いつき、2番・青木宣親の右翼線適時二塁打で再び4-3と勝ち越した。

 日本シリーズ初登板初先発のドラフト1位・山下輝は、立ち上がりから落ち着いた投球で3回まで無失点。4回に4安打を集中され2失点、5回は4番・吉田正尚にソロ本塁打を浴びたが、5回7安打3失点と試合を作った。

 1点リードに変わった6回は石山泰稚、7回からは清水昇が2イニングを無失点。1点リードの9回は守護神・マクガフに託したが、四球と犠打で一死二塁のピンチを招くと、2番・西野真弘の投ゴロをファンブル。さらに、焦って投じた一塁送球が大きく逸れる間に、同点となる二塁走者の生還を許してしまった(記録は投安+失策)。

 なおも二死一塁で、4番・吉田正に逆転サヨナラとなる2ランを被弾し、ヤクルトは王手目前で痛恨の逆転サヨナラ負け。今シリーズの対戦成績を2勝2敗1分けの五分に戻され、本拠地・神宮に戻ることになった。

 27日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した真中満氏は2度の好機に凡退した村上宗隆について、「ちょっと村上が気になりますね。決して(調子が)悪くはないんですけど、オリックスのピッチャーがやっぱりうまく攻めていますよ」と、ここ2試合連続無安打の主砲の状態を懸念。

 続けて「(オリックスは)球の強いピッチャーとそこから落ちるボールを持っているピッチャーが多いので、村上が低めのボールをしっかり見逃して打っていけるようだとちょっと状態が上がってくるのかなと」とアドバイスを送った。

 同じく解説を務めた高木豊氏も「状態がやっぱり落ちているんですよね。それとあれだけのボールを投げられたらそんなに打てないですよ。それがどんどん来るのでちょっと苦しんでいますよね」と徹底マークされている主砲に同情しつつ、復調へ期待を込めた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西