ニュース 2022.11.06. 20:13

侍ジャパン・栗山監督「やっぱり難しいな」巨人相手にWBC想定したタイブレーク練習

無断転載禁止
6日の巨人戦後、会見に出席した侍ジャパン・栗山英樹監督
【侍ジャパンシリーズ2022】
● 巨人 4 ― 8 侍ジャパン ○
<11月6日 東京ドーム>

 栗山英樹監督が率いる侍ジャパンは強化試合で2連勝。巨人を相手に終盤までビハインドの展開だったが、村上宗隆の2試合連続同点弾など、終盤に効果的なホームランが飛び出し、逆転勝ちを収めた。

 巨人の若手投手陣の前に6回まで3安打1得点と苦戦したものの、7回に佐藤輝明の適時打で2点差とし、8回に村上と山田哲人の2者連発で逆転。9回には塩見泰隆、さらに村上が2打席連続アーチを放ち、一発攻勢で突き放した。

 試合を終えた栗山監督は、「今日は個人の力というか、本当に良いホームランでチームを勝たせてくれた。もう少しチーム全体で上手く試合全体の流れを作っていけるように、こっちも反省材料がある。今日は選手たちがやってくれた」と集中打で勝ちきったナインを称えた。

 試合終了後には来春のWBCを想定して、無死二塁からスタートするタイブレークの練習を1イニング実施。先攻の侍ジャパンは二塁走者に代走・周東佑京を起用し、西川龍馬の適時打で“先制”に成功。その後、代打・近本光司の送りバントが二塁封殺(捕ゴロ)されるミスこそあったものの、森友哉、近藤健介にも適時打が飛び出し、ほぼ強攻策で合計4得点を挙げた。

 いまだ正式発表はないが、WBCでも採用される見込みの「無死二塁」という状況について、指揮官は「僕らのイメージも含めて、(タイブレークは)無死一・二塁というイメージが強かったので、やっぱり難しいなという感じが今日はした」とコメント。

 来春のWBC本番へ向けて「選手たちにもいろんな経験をしてほしくて、無茶な形でバントしてもらったりとかいろんなことしましたけど、意思統一ができるように、『きっとこうするんだろうな』というところまでいけるように、しっかりやっていきます」と話した。

 4点のリードを奪った直後の裏の守りでは伊藤大海が登板し、保科広一と北村拓己に連打を浴び失点。さらに三塁ライナーを捕球した村上の二塁悪送球でピンチを広げ、重信慎之介に左犠飛を許し2失点。タイブレークでは巨人相手に4対2のスコアだった。

 伊藤の起用は吉井理人投手コーチと相談した上で決定したようで、「経験もあるし、長いイニングも短いイニングもできる」と理由を説明。日本ハム時代に1シーズンともに戦った愛弟子に対し「点を取られて『良い感じ』というのはおかしいですけど、心配はあまりしてないです」と、今後の調整も含め信頼感を口にした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西