ニュース 2022.11.19. 12:03

エンゼルスがツインズとのトレード発表 打率.285の右打者ウルシェラを獲得

無断転載禁止
2022年はツインズの正三塁手を務めたジオ・ウルシェラ

ヤンキース時代には打率.314、OPS.889を記録


 エンゼルスは18日(日本時間19日)、ツインズとの交換トレードでジオ・ウルシェラ内野手(31)を獲得したと発表した。ツインズにはマイナーのアレハンドロ・ヒダルゴ投手(19)が移籍する。

 コロンビア出身のウルシェラは、今季144試合に出場し、打率.285、13本塁打、64打点、OPS.767をマーク。今季の打率はア・リーグ全体15位で、ヤンキースでプレーした2019年は、打率.314、21本塁打、74打点、OPS.889の好成績を残している。

 ツインズでは主に三塁を守ったが、一塁、遊撃、外野も守れるユーティリティー。ヤンキース時代の2020年は、三塁でゴールドグラブ賞のファイナリストにも入った。

 エンゼルスは今月16日(同17日)、今季15勝を挙げドジャースからFAとなった先発左腕アンダーソンを3年総額3900万ドル(約55億円)で獲得。9年ぶりとなるポストシーズン進出へ、来季に向けた積極的な補強を続けている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西