ニュース 2022.11.24. 17:13

ロッテが金子誠氏の一軍戦略コーチ、村田修一氏の一軍打撃コーチ就任を発表

無断転載禁止
ZOZOマリンスタジアム
 ロッテは24日、金子誠氏の一軍戦略コーチ、村田修一氏の一軍打撃コーチ就任を発表した。両コーチとも背番号は未定。

 金子氏は93年ドラフト3位で日本ハムに入団し、96年に新人王、99年には二塁手部門でベストナイン、ゴールデン・グラブ賞も二塁手で2度、遊撃手で1度選出するなど、現役引退した2014年まで日本ハムでプレー。引退後は15年から今季までコーチを務めた。金子氏は福浦和也コーチ、大塚明コーチと同じ75年生まれ世代で、千葉県出身。

 村田氏は02年自由獲得枠で横浜に入団し、07年と08年に本塁打王、11年オフにFA権を行使して巨人に移籍し12年から14年にかけてリーグ3連覇に貢献した。現役引退後は19年から今季まで巨人で打撃コーチなどを務めた。

▼ 金子誠コーチコメント
「吉井監督をはじめ千葉ロッテマリーンズのために全力を尽くしたいと思っています。戦略コーチとして相手チームだけではなく、自分のチームにもアンテナを張り巡らせながらチームの勝利のために頑張ります」

▼ 村田修一コーチコメント
「初めてパ・リーグでの野球を経験することになりますが、新しいものをしっかりと感じ取りながら、今まで経験してきたこと、学んだことを選手たちに還元し次の世代に繋ぐことが出来ればと思っています。そのためにも選手たちが野球に真摯に向き合える環境作りをしてあげたいと思っています。マリーンズはやっぱり応援のイメージです。ファンと選手が一体となって戦っているチーム。今まで相手チームとして対戦していて脅威を感じていました。これからは私もマリーンズの一員としてファンの皆様と一緒に選手たちと共に戦っていきたいと思います」
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西