ニュース 2023.09.01. 06:54

中日・梅津晃大が817日ぶりの一軍登板 白星ならずも館山氏「手術明けを感じさせない投球」

無断転載禁止
中日・梅津晃大 (C) Kyodo News

2年ぶり復帰戦は5回・77球で1失点


 中日は31日、本拠地でのヤクルト戦に1-6で敗戦。今季初先発となった梅津晃大は5回1失点(自責は0)と力投を見せたが、打線の援護に恵まれず復帰戦を白星で飾ることができなかった。

 昨年の3月にトミー・ジョン手術を受け、プロ4年目のシーズンはリハビリに専念。迎えた今季も一軍のマウンドは遠く、この日が2021年6月5日のオリックス戦以来、実に817日ぶりの一軍登板となった。

 初回の先頭打者から154キロを計測するなど、ヤクルト打線に力で立ち向かった右腕。2回に自らの失策をキッカケにピンチを招き、丸山和郁に適時打を浴びて1点を失ったものの、以降は立て直して5回・77球、1失点で復帰登板を終えた。


 同日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した館山昌平氏は「ストレートでグイグイ押していましたね。フィールディングの方でミスはありましたが、手術明けを感じさせない投球をしていました」と復帰戦の内容に太鼓判。

 続けて「あとはこれから投球イニングを伸ばしていくことができれば」と語ると、同じく番組に出演した江本孟紀氏も「先発は一人でも多い方がいいですから。先を見ながら使って育てていってほしい」と今後の展望を述べた。

 番組MCを務めた野村弘樹氏も「久しぶりに見たんですが、身体もしっかりしてきましたよね」とパンプアップされた姿に熱い視線を送る。

 「楽しみだなと思いましたし、次回のピッチングにも期待したいですね」と締めくくり、再出発の一歩目を踏み出した竜の背番号18へエールを送った。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2023』


【PR】中日ドラゴンズを観戦するなら「DAZN Baseball」

立浪和義監督3年目の中日は中田翔を主砲に迎え打力を強化。大野雄大や小笠原慎之介ら実績のある先発陣を打線が援護できるかが下剋上のカギ!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成