ニュース 2024.01.06. 18:00

60登板以上は19年の21人 → 昨季は4人。リリーフ陣の登板管理、複数の勝利の方程式が主流の時代!?

無断転載禁止
昨季12球団最多の62試合に登板した広島・島内 (C)Kyodo News
 近年、3連投を禁止、1週間に4登板以上基本的に投げさせない球団があるなど、リリーフ陣の登板管理をしている球団が増えている。

 パ・リーグ3連覇を達成したオリックス、パ・リーグ2位のロッテは昨季シーズン中に3連投した投手は誰もいなかった。オリックスやロッテだけでなく、昨季60試合以上登板した投手を見ても、パ・リーグは鈴木翔天(楽天)の61試合1人で、セ・リーグも島内颯太郎(広島)の62試合、ウェンデルケン(DeNA)の61試合、岩崎優(阪神)の60試合の3人しかいなかった。

 直近5年で60試合登板以上投げた投手を見ると、5年前の19年には70試合以上投げた投手がセ・パ合わせて3人おり、平井克典(西武)はパ・リーグ新記録となるシーズン81試合に登板。60試合以上投げた投手も、セ・リーグが10人、パ・リーグが11人いた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズンの開幕が遅れ、120試合で行われた20年シーズンは60試合以上投げた投手はいなかったが、再び143試合行った21年は清水昇(ヤクルト)が72試合に登板し、セ・パ合わせて60試合以上投げた投手は13人。19年よりも減少したとはいえ、60試合以上投げる投手がセ・パ合わせて10人以上いた。

 この年、オリックスは3連投した投手が誰もおらず、チーム最多登板も富山凌雅の51試合でリーグ優勝すると、翌年からリリーフ陣を登板管理する球団が増え、22年はセ・パ合わせても60試合以上投げた投手が5人まで減った。

 阪神がリーグ優勝した05年にジェフ・ウィリアムス、藤川球児、久保田智之の頭文字をとった“JFK”の“勝利の方程式”から勝ちパターンは7回からの3イニングを固定するのが主流になっていったが、近年は複数の勝ちパターンを作り、リリーフ陣の疲労を軽減させ、登板数を管理する時代になりつつある。

 リリーフ陣を管理する球団が多くなり、60試合以上投げるのが難しくなった中で、今季は60試合以上投げる投手が何人出るか注目だ。

▼直近5年の60登板以上投げた投手
【2019年】
<セ・リーグ>
74試合 エスコバー(DeNA)
71試合 三嶋一輝(DeNA)
68試合 梅野雄吾(ヤクルト)、ハフ(ヤクルト)
67試合 中川皓太(巨人)、フランスア(広島)
65試合 マクガフ(ヤクルト)
64試合 ロドリゲス(中日)
63試合 島本浩也(阪神)
61試合 山﨑康晃(DeNA)
<パ・リーグ>
81試合 平井克典(西武)
68試合 松井裕樹(楽天)
65試合 甲斐野央(ソフトバンク)、増田達至(西武)、玉井大翔(日本ハム)
64試合 森原康平(楽天)
62試合 青山浩二(楽天)
61試合 公文克彦(日本ハム)
60試合 モイネロ(ソフトバンク)、益田直也(ロッテ)、石川直也(日本ハム)

【2020年】※新型コロナウイルス感染拡大の影響により120試合
<セ・リーグ>
なし
<パ・リーグ>
なし

【2021年】
<セ・リーグ>
72試合 清水 昇(ヤクルト)
66試合 又吉克樹(中日)、マクガフ(ヤクルト)
64試合 今野龍太(ヤクルト)
62試合 岩崎 優(阪神)、スアレス(阪神)
61試合 エスコバー(DeNA)
60試合 山﨑康晃(DeNA)
<パ・リーグ>
67試合 益田直也(ロッテ)
63試合 宋家豪(楽天)
62試合 平良海馬(西武)
61試合 ギャレット(西武)
60試合 堀 瑞輝(日本ハム)

【2022年】
<セ・リーグ>
71試合 伊勢大夢(DeNA)
70試合 エスコバー(DeNA)
<パ・リーグ>
61試合 西口直人(楽天)、平良海馬(西武)
60試合 水上由伸(西武)

【2023年】
<セ・リーグ>
62試合 島内颯太郎(広島)
61試合 ウェンデルケン(DeNA)
60試合 岩崎 優(阪神)
<パ・リーグ>
61試合 鈴木翔天(楽天)

【PR】横浜DeNAベイスターズを観戦するなら「DAZN Baseball」

三浦大輔監督就任4年目となる今季、目指すは26年ぶりのリーグ優勝&日本一。新キャプテンの牧秀悟や期待の新人、度会隆輝がチームを牽引できるか注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西