ニュース 2024.03.06. 23:17

侍ジャパン・山下舜平大「楽しかった」最速159キロの直球を軸に2回無失点

無断転載禁止
侍ジャパン・山下舜平大
 侍ジャパン・山下舜平大(オリックス)が6日、「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024日本vs欧州代表」に3番手で登板した。

 4-0の6回、山下の名前がコールされると、今回の開催場所であり、オリックスでは本拠地にする京セラドーム大阪のスタンドから大きな拍手が起きた。ピッチングでもファンを沸かせた。先頭のベルトレに投じた初球158キロを計測すると、スタンドからウォーという声が。ベルトレを三塁ベンチ前の難しい飛球をオリックスでもチームメイトの三塁・紅林弘太郎(オリックス)がスライディングキャッチの好捕。

 続くフルプを158キロのストレートで中飛に仕留めると、リディの初球に159キロを計測すると場内から再びウォーという驚きの声。リディに3ボール2ストライクから152キロのストレートをレフト前に運ばれたが、チェルベンカを152キロのストレートで空振り三振に斬ってとった。

 2イニング目となった7回はプロファーを捕邪飛、ヒメネスを投ゴロ、ミネオを155キロのストレートで空振り三振と、この日は2回・33球、1安打、2奪三振、無失点だった。

 山下は「楽しかったです。実戦2回目なので色々な課題がありましたが、これからに繋がるのではと思います」と振り返った。

 井端弘和監督は「この段階で160キロ近く出ていましたので、もうちょっと上がってくるんじゃないかなと思います。今シーズン期待したいと思います」と期待を寄せた。
ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成