ニュース 2024.03.07. 06:14

侍ジャパン、青学大・西川史礁が2安打1打点デビュー!井端監督「並の大学生ではない」、村上「すごい大学生」

無断転載禁止
侍ジャパン・西川史礁
 大学生で侍ジャパンに選出された西川史礁(青山学院大)が6日、「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024日本vs欧州代表」でトップチームデビューを果たし、2安打1打点の活躍を見せた。

 西川は5回一死走者なしから四球を選んだ塩見泰隆(ヤクルト)の代走で出場。続く小園海斗(広島)のセンター前安打で二塁へ進むと、近藤健介(ソフトバンク)のライトへのあたりで生還した。西川は「今まで感じたことのない球場の雰囲気と、ランナーとしての感覚を感じることができてよかったです」と振り返った。

 4-0の6回二死一、二塁のこの日の第1打席、ファンガープの初球を捉え、三塁線を破る適時二塁打を放った。井端弘和監督はこの適時打に「緊張があった中ではと思いますけど、ファーストスイングから振れたというところと、その後のヒットもそうなんですけど、スイングしたのがそのままファウルにならずに飛んでいくところが並の大学生ではないなと思いましたね」と絶賛。

 さらに5-0の8回二死一塁の第2打席も、1ボールからの2球目のストレートを振り抜きレフト前へ。マルチ安打を達成した。

 村上宗隆(ヤクルト)も西川について「積極的にスイングを仕掛けられる。いいところだなと思いますし、それに加えて結果が出る。すごくいいスイングしている証。こういう舞台で結果を残すことが、難しいことだとわかっているので、すごい大学生だなと思って見ていました」と手放しで褒めた。
ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成