コラム

目が離せない!広島・新井貴浩の『通算安打数』

無断転載禁止
今年も中軸として打線を引っ張る広島・新井(C)KYODO NEWS IMAGES

昨季を超えるペースでヒットを量産中!


 セ・リーグ連覇をめざす広島の勢いが止まらない。

 首位決戦ということで注目された巨人との3連戦を全勝で終え、1分けを挟んでついに10連勝を達成。週末の阪神戦は1勝2敗と負け越しを喫するも、貯金8つで2位に2.5ゲーム差をつける好ダッシュを決めた。

 開幕ダッシュの立役者はいくらでも挙げられるが、絶対に欠かせないのが主砲・新井貴浩だ。25年ぶりのリーグVに導いた昨季同様の勝負強さを発揮し、これまでチームトップの13打点をマーク。13日の巨人戦でも初回のチャンスでいきなりタイムリーを放ち、電光石火の先制劇を生んだ。

 悲願の優勝を果たしたこともあり、いわゆる“燃え尽き症候群”を心配する声も聞かれたが、40歳の大台に乗って迎えた新シーズンは絶好調そのもの。今季はここまで全14試合に出場し、うち5試合でマルチ安打を記録するなどすでに15安打を放っている。

 これは132試合で136安打を記録した昨季をもしのぐペース。今年はその数字をどこまで積み上げるのか、注目が集まっている。


今季中の“ベスト20入り”はほぼ確実


 昨季終了時点で2107だった通算安打数は、現在2121まで進んだ。

 歴代通算安打ランキングを見てみると、今季だけで谷繁元信(2108安打)、前田智徳(2119安打)、小笠原道大(2120安打)の3人を抜き去り、現在は清原和博と並ぶ歴代25位タイ。球史に名を残す強打者たちの記録を次々に超えていっているのだ。

 仮に新井が昨季と同じ136安打をマークしたとすると、シーズン終了時には2243安打に到達することとなる。これは歴代18位の数字だ。下記は、今季中に新井が抜き去る可能性がある通算安打ランカーである。

【通算安打記録ランキング】
15位 2314本 榎本喜八
16位 2274本 高木守道
17位 2271本 山内一弘
18位 2228本 大杉勝男
19位 2204本 大島康徳
20位 2173本 若松 勉
21位 2167本 稲葉篤紀
22位 2157本 広瀬叔功
22位 2157本 秋山幸二
24位 2133本 宮本慎也
25位 2122本 清原和博
25位 2122本 新井貴浩
――――
27位 2120本 小笠原道大
28位 2119本 前田智徳
29位 2108本 谷繁元信
30位 2101本 中村紀洋


 晩年に広島で活躍した大先輩・山内一弘の2271安打までは残り149本。ここまでの好調ぶりを見る限り、今季中に到達してもなんらおかしくない。

 こうして見ると、新井は現役ながらすでに“レジェンド”の一員となっていると言っていいだろう。チームの勝敗も当然気になるところであるが、日々更新され続ける新井の“通算安打数”からも目が離せない。


文=清家茂樹(せいけ・しげき)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西