コラム

二刀流も可能だった? 桑田真澄の驚異の打撃成績を振り返る【平成死亡遊戯】

無断転載禁止
中前にタイムリー打を放つ桑田=東京ドーム

平成の打てる投手と言えば


 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平がメジャーリーグを席巻している。

 投げては7回1安打無失点12Kの快投、打っては3試合連続アーチ。野茂英雄のトルネード旋風以来の、ニトウリュウ革命である。そう遠くない未来、逸材の二刀流挑戦が世界の野球界のスタンダードになるかもしれない。

 投げて、打って、試合に勝つ。一昔前の日本球界でも、そんな“エースは強打者”的な風潮があり、投手の通算打撃成績を見ると上位には昭和の大エースたちが並んでいる(もちろん圧倒的に先発登板数が多かったという時代的背景もあるが)。400勝投手の金田正一が通算38本塁打、310勝の別所毅彦が通算500安打、巨人V9時代のエース堀内恒夫は2年目の67年10月10日に「ノーヒットノーラン達成と3打席連続本塁打」という離れ業をやってのけた。

 ならば中5〜6日ローテや分業制が確立しつつあった平成球界で“打撃のいい投手”と言えば誰を思い出すだろうか? 91年5月29日の近鉄戦でDH制を導入以来はじめて投手として本塁打を放ったドン・シュルジー(オリックス)、97年シーズンに3本塁打を放った圧倒的な飛距離を誇るバルビーノ・ガルベス(巨人)と、飲み屋で語ったら3時間はいけそうな懐かしの助っ人選手たちも捨てがたいが、やはり真っ先に名前が挙がるのは桑田真澄(巨人)だろう。

 PL学園時代は甲子園で清原和博の13本塁打に次ぐ、歴代2位タイの6本塁打を放った桑田はドラフト1位でプロ入り後、あまりの野球センスに野手転向が検討されるも投手に専念。三本柱の一角として通算173勝を記録したが、打者としても890打数192安打の打率.216、7本塁打、79打点という成績を残している。2年目の87年7月8日の広島戦ではプロ初完封勝利に自身のスリーランアーチで花を添えた19歳は、最優秀防御率のタイトルと沢村賞を受賞。以降、時代が平成に突入しても桑田は打てる投手として存在感を発揮していく。

 平成元年の89年はキャリアハイの17勝、年間20完投、249イニングと投げまくり、打っては86打数21安打の打率.244でチームの日本一に貢献(ちなみにこの年20勝を挙げたチームメイトの斎藤雅樹も打撃には定評があった)。自身でもピークと公言する94年は14勝を挙げ、“10.8決戦”の胴上げ投手となりMVPにも輝き、73打数21安打の打率.288、OPS.689という、今の巨人打線なら普通に6番打者も務まりそうな強打者ぶりである。


3割近い打率に「代打桑田!」


 2000年代に入りベテランと呼ばれる年齢になってもその打棒は健在で、打席数こそ少なかったものの00年は19打数6安打の打率.316、03年は24打数8安打の打率.333ともはや一軍の控え野手レベルを凌駕していたと言っても過言ではない。

 その象徴的な出来事が02年6月19日横浜戦の「代打・桑田」だろう。延長11回表無死一塁の場面で原辰徳新監督に代打として送り出されると、見事に初球でバスターを成功させ三遊間を抜くヒット。その後、打線が繋がりチームは接戦を制した。

 この34歳で迎えたシーズンの桑田は51打数15安打の打率.294、1本塁打、9打点でなんとOPS.798である。最近の長野より打ってる…じゃなくて、投手としても12勝6敗、防御率2.22で15年ぶりの最優秀防御率のタイトル獲得と原巨人初日本一の原動力となり、いったい二刀流プランで新人時代から育成したらどんな選手になったのか…と思わず妄想したくなる野球センスだった。

 平成初期には登板日漏洩疑惑や不動産問題(忘れた頃のアニータ熱愛報道)など数々のスキャンダルで騒がれた桑田だが、バブル全盛期の日本でカネを持っている若い有名野球選手はいいカモだったのだろう。自宅の前にはマスコミが張り込み、練習が終わると車が尾行してくる異常な生活。そんな背番号18を当時の藤田元司監督は時に記者たちと喧嘩になるまで守り続けた。

 今思えば、15歳で甲子園のヒーローとなりながら、ドラフトの経緯から悪役扱いされ、あれだけマスコミに叩かれて、それでも野球となれば投打で結果を残し続けた桑田の精神力は凄まじい。

 なお開幕から1カ月の謹慎処分が明けた1990年5月8日、日本中が注目した大洋戦(横浜スタジアム)の復帰登板で22歳の桑田真澄は完封勝利を飾っている。


桑田真澄 投手・打撃成績

1989年 21歳
投手 30試(249回) 17勝9敗 防御率2.60
打者 打率.243(86打数21安打) 0本 6点 OPS.544

1994年 26歳
投手 28試(207.1回) 14勝11敗1S 防御率2.52
打者 打率.288(73打数21安打) 1本 7点 OPS.689

2002年 34歳
投手 23試(158.1回) 12勝6敗 防御率2.22
打者 打率.294(51打数15安打) 1本 9点 OPS.798


文=中溝康隆(なかみぞ・やすたか)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西