コラム

世界一に最も近いのは…?MLB公式サイトが全30チームを格付け

無断転載禁止
田中将大のヤンキースは…?

ヤンキースが本命候補!


 シーズン開幕まであと1カ月とちょっと。海の向こう・メジャーリーグでもオープン戦がはじまり、“球春”ムードは日に日に高まっている。

 そんな中、MLB公式サイト『MLB.com』が早くも新シーズンを大胆予想。現時点の全30チームを独自に格付けし、「今季ワールドシリーズ制覇に近いチーム」を1位から30位までのランキングにして発表した。


 世界一に最も近い、第1位にランクインしたのは、田中将大が所属するニューヨーク・ヤンキース。昨季は103勝を挙げて地区王者に輝くも、リーグ優勝決定シリーズではアストロズに惜敗。涙を呑んだ。

 今季は同地区で永遠のライバル関係にあるレッドソックスの戦力低下が著しく、地区制覇は疑いようのないところ。新加入の目玉であるゲリット・コールが昨季と同レベルのパフォーマンスを見せれば、栄冠はグッと近づいてくることだろう。


 つづく2位にはロサンゼルス・ドジャースが入る。前田健太の移籍により日本人選手は不在となったが、オフにはレッドソックスからムーキー・ベッツ、デービッド・プライスといった大物を獲得するなど、積極補強で注目を集めた。

 昨季は地区7連覇という偉業を成し遂げるも、世界一に輝くナショナルズに地区シリーズで敗戦。リベンジに燃えるシーズンとなるが、地区内ではライバルの4球団も補強があまり進んでおらず、8連覇の可能性は高いというのが大方の見方。今季こそ1988年以来の世界一を掴みたい。


 そして3番手には、悪い意味でオフの話題を集めたヒューストン・アストロズが入っている。

 果たして、「サイン盗み」の影響がどこまであったのか……。今季はまさに真価が問われる一年になる。どういう結果に転んでも批判の的になることが予想されるが、開幕は待ってくれない。戦っていくしかないのだ。


ア・リーグが強い?


 トップ3入りこそならなかったものの、前田健太が加入したミネソタ・ツインズは第4位。昨季307本塁打を放った打線は健在で、先発陣も頭数は揃う。ア・リーグは東のヤンキースに西のアストロズ、そして中地区はツインズが他を一歩リードしているという評価になった。

 そして、5位には昨季ナ・リーグ東地区で3位と苦杯をなめたニューヨーク・メッツ。エースのジェイコブ・デグロムを筆頭に先発陣はリーグ屈指の陣容で、昨季53本塁打を放ったピート・アロンソに2年目のジンクスがなければ巻き返しへの期待は大きい。2015年以来となるワールドシリーズ進出なるか、注目だ。


 6位以下は日本人所属チームに絞って。まず6位には、筒香嘉智が加入したタンパベイ・レイズが入っている。同地区にヤンキースがいるため、地区優勝は厳しいかもしれないが、毎年のように新たな戦術を練り出して野球ファンを驚かせてくるチームだけに、下馬評を覆す可能性も否定できない。

 9位にはダルビッシュ有が所属するシカゴ・カブス。全体としてはこの位置も、ナ・リーグ中地区のなかではトップの評価となっている。勝ち運に恵まれない部分もあったが、昨季6勝に終わったダルビッシュが本領を発揮すれば、さらに面白い存在となることだろう。

 折り返し前の14位には、シンシナティ・レッズがランクイン。現在のところ6年連続負け越し中と低迷期が続いているものの、このオフは例年になく積極的な補強で戦力アップを図り、球団初の日本人選手となる秋山翔吾も加わった。就任2年目になるデビッド・ベル監督の下、最低でも優勝争いというところが求められる。


マリナーズ、ワールドシリーズへの道は…


 以下、16位に大谷翔平のロサンゼルス・エンゼルスの名前が。昨季は投手陣が崩壊して72勝90敗と負け越し。ここはやはり“二刀流”の復活を目指す大谷が投手としてどれだけチームに貢献することができるか、という部分が大きなカギを握る。打者としての打席数が減ってしまうのは惜しいところだが、両立に期待がかかる。


 新たに山口俊が加入したトロント・ブルージェイズは22位。野手を中心に世代交代を図っている最中で、勝てるチームになるまではあと数年かかりそう。柳賢振と山口のアジア出身投手が2枚看板となって活躍で斬れば、台風の目になる可能性もあるか。


 最後に、菊池雄星と平野佳寿が所属するシアトル・マリナーズは、下から3番目となる28位に。昨季ナショナルズがワールドシリーズに進出したことで、マリナーズが既存の30球団のなかで唯一の「ワールドシリーズ未進出チーム」となってしまった。今季も下馬評は低く、苦しい戦いが見込まれている。


 こうして見ると、日本人選手9人のうち4人の所属チームがプレーオフ圏内の“トップ10”に入っている。当然ながらレッズやエンゼルスといったところにもチャンスはあるはずで、高い評価を受けたチームが順当に勝ち上がるのか、はたまた思いもよらぬ番狂わせが起きるのか。新シーズンがたのしみだ。


文=八木遊(やぎ・ゆう)


MLB公式サイトによる全30球団のランキング

1位 ヤンキース(田中将大)
2位 ドジャース
3位 アストロズ
4位 ツインズ(前田健太)
5位 メッツ
6位 レイズ(筒香嘉智)
7位 ブレーブス
8位 アスレチックス
9位 カブス(ダルビッシュ有)
10位 ナショナルズ
11位 レッドソックス
12位 インディアンス
13位 カーディナルス
14位 レッズ(秋山翔吾)
15位 ダイヤモンドバックス
16位 エンゼルス(大谷翔平)
17位 ホワイトソックス
18位 フィリーズ
19位 ブリュワーズ
20位 パドレス
21位 レンジャーズ
22位 ブルージェイズ(山口俊)
23位 ロッキーズ
24位 マーリンズ
25位 パイレーツ
26位 ロイヤルズ
27位 ジャイアンツ
28位 マリナーズ(菊池雄星、平野佳寿)
29位 オリオールズ
30位 タイガース

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西