コラム

将来は大化けも!大物候補の陰に隠れる、“素材型”の高校生投手たち

無断転載禁止
苫小牧中央・根本悠楓投手 [写真提供=プロアマ野球研究所]

無限の可能性を秘める“潜在能力”


 いよいよ、2020年のプロ野球ドラフト会議が今月26日に開催される。“運命の一日”まで1週間を切り、各球団が最終の絞り込みに入る時期となった。


 ここまで来ると、やはり連日ドラフト関連のニュースも増えてきている。ただし、主だった報道は上位候補についてがほとんどで、一般的にはあまり知られていない有力候補も少なくない。

 そこで今回は、「上位指名の可能性は高くないが、今後が楽しみな選手」を積極的に紹介していきたい。ここでは、高校生投手をピックアップした。


「第3グループ」といえる4人の好投手


 まず、高校生投手で2位以内の上位指名が有力視されている選手からおさらいしておこう。

 1位競合の可能性もある高橋宏斗(中京大中京)を筆頭に、山下舜平大(福岡大大濠)、中森俊介(明石商)、小林樹斗(智弁和歌山)、高田琢登(静岡商)、松本隆之介(横浜)。この6人は上位指名の有力候補と言えるだろう。

 そんな彼らに続く「第3グループ」として、根本悠楓(苫小牧中央)、小牟田龍宝(青森山田)、常田唯斗(飯山)、加藤翼(帝京大可児)の4人を挙げたい。


 この中でも完成度の高さで一歩リードしているのが根本だ。

 身長は173センチと投手としては小柄な部類に入るが、体つきはしっかりしており、フォームの安定感は高校生離れしたものがある。常時140キロを超えるストレートと多彩な変化球を操り、奪三振率の高さも魅力だ。

 スピードや体格では同じサウスポーの高田と松本には劣るとはいえ、コントロールに関しては確実に上回っている。フォームは少し違うものの、同じタイプの田口麗斗(巨人)が高校卒ながら早くから一軍の戦力となっていることを考えても、若手サウスポーが不足している球団にとっては非常に狙い目の選手と言える。


 また、根本と同様に早くから注目を集めていたのが小牟田だ。

 昨年秋は故障で停滞したが、最終学年にしっかりと復活。青森の独自大会と、その後に行われた東北大会でも見事な投球を見せた。

 今年に入って最速150キロをマークしているが、伸びやかなフォームでまだまだスピードアップしそうな雰囲気も魅力だ。


 スピードでNo.1なのは、最速153キロを誇る加藤である。

 まだ細身だが全身のバネを感じるフォームで、縦に腕が振れるのも長所。チーム内に他にも好投手がいたため、公式戦の実績は乏しいが、裏を返せば、それだけ使い減りしていないとも言える。プロでぜひ早くから鍛えたい素材だ。


 そして、この一年の成長度合いで驚かされたのが常田。

 昨年夏の甲子園ではまだまだ細く、ボールを抑え込めていない印象が強かったが、体つきは一回り大きくなり、スピード、コントロール、変化球全てにおいて見事なレベルアップを果たした。

 フォームに悪い欠点がなく、まだまだ伸びそうな雰囲気は十分で、スケールの大きさという意味ではこの4人の中でもトップと言えるだろう。


成長が楽しみな“未完の大器”


 一方、高校生投手にありがちな“未完の大器”タイプで面白い選手が、シャピロ・マシュー・一郎(国学院栃木)と嘉手苅浩太(日本航空石川)、内星龍(履正社)だ。


 嘉手苅は甲子園交流試合、シャピロと内は「プロ志望高校生合同練習会」で登板。そのスケールの大きさを見せた。

 3人に共通してるのは、大型でありながら体の使い方にそこまで不器用さが感じられない点と、既に140キロ台後半のスピードをマークしている点だろう。

 以前は190センチを超えるような高校生というと、なかなか体幹が安定せず、ふらふらしたようなフォームの投手が多かったが、彼らはしっかりと自分の形を持っているように見える。体力面や実戦経験の不足はあるかもしれないが、数年後に見違えるようなボールを投げている可能性は十分にあるだろう。


まとまりの良さが光る3投手


 反対にまとまりの良さが光るのは、内田了介(埼玉栄)、豆田泰志(浦和実)、笠島尚樹(敦賀気比)の3人だ。

 内田はもともとスピードがありながら、野手っぽい投げ方で粗さが目立っていたが、最終学年でかなり投手らしくなった印象を受ける。変化球でしっかりとカウントをとれるようになったのも大きな成長だ。


 対して、豆田と笠島は元々制球力の良さがあったところに、後からスピードがついてきた投手。

 豆田は「プロ志望高校生合同練習会」で自己最速を更新する147キロをマークし、笠島も昨年秋までは130キロ台後半が多かったものの、この夏はコンスタントに140キロ台中盤が出るまでになっている。こういうタイプは大学で実績を作ってから…という見られ方をすることも多いが、順位に縛られないのであれば十分に指名の可能性はあるだろう。


 他にも楽しみな選手はいるが、今回取り上げた10人は特に早くからプロでプレーしてもらいたい投手たちである。

 果たして、彼らがどの程度の順位で指名されるのか。場合によっては上位に浮上してくることも期待したい。


☆記事提供:プロアマ野球研究所
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西