コラム 2021.07.23. 07:07

“おでこ直撃”が完封を呼び込む…?ヤクルトの3大「珍事件」をふりかえる

無断転載禁止
体を張ったプレーで完封をアシストした雄平

体(おでこ)を張った完封アシスト


 プロ野球の長い歴史の中で起こった「珍事件」を球団別にご紹介していくこの企画。

 今回は、東京ヤクルトスワローズ編だ。




 ヤクルトといえば、野村克也監督時代から古田敦也に池山隆寛、広沢克己ら“キャラが立つ”選手が多かった印象がある。

 そして、21世紀になっても、その伝統はしっかり受け継がれている。

 今回は「結果オーライを呼んだ珍事件」と題し、過去20年間の中から、そんなヤクルトらしさが漂う代表的な珍プレーを集めてみた。



 本塁打性の大飛球をフェンスギリギリでジャンプ捕球を試みたが、打球がおでこにゴツンと直撃…。

 本来ならば失点をしてもおかしくない状況なのに、結果的にこの珍プレーが吉と出て、チームにまさかの完封勝利をもたらしたのが、2014年5月7日の広島戦だ。


 6-0とリードしたヤクルトは、先発の石川雅規が5回まで広島打線をわずか1安打に抑える好投。

 ところが6回、先頭の石原慶幸に死球を与えた後、二死から菊池涼介にライトへ大飛球を打たれてしまう。雄平が懸命に追いかけ、フェンス際でジャンプしたが、捕球に失敗。打球はスタンドに消えていった。


 本塁打と判定され、スコアボードに「2」が入ったが、その直後、雄平が「自分のこめかみに当たった」とアピール。

 ビデオ判定の結果、フェンスを直撃して跳ね返ってきたボールが雄平のこめかみに当たり、スタンドインしたことが判明。エンタイトル二塁打に訂正された。


 もし、跳ね返った打球が雄平に当たっていなければ…?

 ボールが外野を転々とする間に一塁走者の石原が生還していたはずで、エンタイトルになったのはヤクルトにとって最良の結果だった。

 そして、失点が記録されるのと、6-0の二死二・三塁からの再開では、石川のモチベーションに与える影響も雲泥の差だ。

 「ホームランじゃなくて、ラッキーと思った」とひと息ついた石川は、次打者・丸佳浩を遊ゴロに打ち取り、ピンチを無失点で切り抜ける。

 また、体(おでこ)を張ったプレーで石川をアシストした雄平は、9回二死一・二塁のピンチでも、梵英心の右翼線への飛球をスライディングキャッチ。石川に完封勝利をプレゼントした。

 投手から外野手に転向して5年目。かつての最速151キロドラ1左腕が、苦労の末、チームの中心選手に成長したことをアピールした試合でもあった。


世にも不思議な物語…


 打った本人もまったく想定していなかった“奇跡のサヨナラタイムリー”が飛び出したのが、2003年6月1日の中日戦だ。


 9回表、ファーストを守っていたトッド・ベッツの2つの悪送球で2-3と逆転されたヤクルトはその裏、二死からアレックス・ラミレスが敬遠四球で出塁。代打・小野公誠が左前安打で続いたあと、古田敦也も敬遠され、二死満塁となった。

 このチャンスで打席に立ったのが、8回に代打で送りバントを決め、サードの守備固めに入っていた城石憲之。

 直球一本に狙いを定めていた城石は、エディ・ギャラードの初球、142キロ直球に「しめた!」とバットを出しかけたが、「思ったより内側に来た」ことから、反射的に手首を返してバットを止めようとした。

 だが、それよりも早くボールがバットを直撃。「あっ!」と思ったときには、もう遅かった。


 ところが、ここから世にも不思議な物語が幕を開ける。

 「止めちゃったんですけど、芯に当たっちゃいました」(城石)

 快音を発した打球は三遊間を抜け、代走の三塁走者・野口祥順に続き、同じく代走の二塁走者・飯田哲也が逆転サヨナラのホームイン。

 安打で奇跡のお膳立てをした小野は「あり得ない。漫画だな」と目を白黒。古田にも「日頃の行いがええんだろう」と冷やかされたヒーローは「ええ、真面目な生活をしてますから」と胸を張った。


宮本慎也のイチかバチかの好走塁


 捕ゴロにもかかわらず、相手のもたつきに乗じて二塁から一気に決勝のホームを踏む好走塁を見せたのが、宮本慎也だ。


 2011年6月29日の巨人戦。4-4で迎えた6回一死、四球で出塁した宮本は送りバントで二進。

 次打者・相川亮二も四球を選んで一・二塁となったが、代打・宮出隆自はフルカウントから巨人バッテリーの間、やや三塁寄りにボテボテのゴロを転がした。

 通常なら投手が処理して一塁に送球すれば3アウトでチェンジになるところだが、宮出の打席で金刃憲人をリリーフしたばかりのマイケル(マイケル中村)は、この日がシーズン初登板とあって不慣れな連携プレーに戸惑い、対応が遅れてしまう。

 そこで、仕方なく捕手の阿部慎之助が捕りに行ったが、タイムロスが災いして一塁はセーフ。

 直後、本塁がガラ空き状態になった隙を見逃さず、いち早くスタートを切っていた二塁走者・宮本がイチかバチかで突っ込んだ。

 「咄嗟の判断です。ホームが空いたんで。頼むから(一塁に)投げてくれと思いました」の狙いは見事に当たり、ヤクルトは勝ち越し点を挙げた。


 小川淳司監督も「宮本の走塁は大きかった」と賛辞を贈った神走塁だったが、試合は5-4の7回に長野久義の右前安打をウラディミール・バレンティンが後逸するチョンボをきっかけに、同点に追いつかれてしまう。

 結局、延長10回の末に5-5の引き分け。勝利を呼んだかに見えた好走塁も、味方の拙守で帳消しになってしまった。


文=久保田龍雄(くぼた・たつお)

【PR】東京ヤクルトスワローズを観戦するなら「DAZN Baseball」

Bクラスからの王座奪還を目指すヤクルトは村上宗隆と山田哲人の復活がカギを握る。2年目の吉村貢司郎を筆頭に若手投手の成長にも注目!

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

ペナントシリーズ、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

毎月2,300円でライブ配信・見逃し配信・ハイライトまで視聴可能!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

② DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!

③ 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西

メジャーリーグ

高校・育成