コラム 2021.08.12. 16:29

「ドラゴンズロード」にあふれるファンの愛 木下雄介さんにかけられた金メダル

無断転載禁止
木下雄介さんのパネルにはたくさんのファンからのメッセージと金メダルが [写真=川本光憲]

胸に輝く「金メダル」


 日に日に、付箋は増えていった。

 名古屋市営地下鉄・ナゴヤドーム前矢田駅の地下道「ドラゴンズロード」。ここには選手・首脳陣のパネルが飾られている。




 8月3日に亡くなった中日・木下雄介さんのパネルも、もちろんある。

 亡くなったことを受けて、ファンが貼っていく。8月5日に通ったときは10枚ほど。それが9日には60枚以上。10日にはパネルがほぼ埋めつくされた。

 そして、その胸には、折り紙でつくられた金メダルが輝いていた。



大野が守った約束


 なぜ、金メダルか──。

 理由はチームメートの大野雄大にあるに違いない。


 東京五輪・野球日本代表が金メダルをゲットしたのは8日。その表彰式で、大野は首に掛けられたメダルを天に掲げた。

 「木下から『金メダルとったら見せてください』と言われていました。報告できてよかったです」


 木下さんは今春のオープン戦で右肩を脱臼。ナゴヤ球場でリハビリ生活を送っていた。その時、大野は一軍残留練習で同所を訪れ、会話を交わしている。

 五輪前。そのときは想像もしていない形ではあったが、約束を果たす格好となった。


右肩脱臼から復活の途中で…


 愛されキャラ。右腕の周りにはいつも仲間がいた。

 3月21日、日本ハムとのオープン戦(バンテリン)で右肩を脱臼した。その際、本拠地には二軍からドラフト同期の笠原祥太郎が駆けつけている。同じ2017年の入団。状態を心配し、身の回りの荷物を運んでいたのだ。


 同じく同期入団の京田陽太を含めた3人は、家族ぐるみの付き合いをしてきた。互いの家を行き来していて、時に京田は木下さんを兄のように頼っていた。

 京田は「信じられず、気持ちの整理はついていません。ただ、雄介さん、家族の思いを背負って戦っていきたいと思います」と肩を落とした。


 陰で支えようとしたのは、同学年の高橋周平だった。

 脱臼と聞きつけて岐阜県内の治療院を紹介。「僕が行っているところだから。良くなるのなら治療院は何カ所でも行けばいい。候補として考えてみなよ」と教わったのは、今季限りで引退する西武・松坂大輔も通った"ゴッド・ハンド”で有名な治療院である。

 6月下旬だったと記憶している。記者が右腕に「治療院行った?」と聞くと、「周平が気をつかってくれたんですよ。リハビリの過程で、チャンスがあれば行こうと思っています」。木下さんは満面の笑みを浮かべていた。

 これが記者と木下さんの最後の会話となった。当たり前だが、これが最後になるだなんてこれっぽっちも思わなかった。


 駅に行けば、木下さんを悼む人の分だけ付箋が貼られている。早すぎる死を悼まずにいられない。

 ただ、だ。どれだけ付箋を見ても、思うことがある。ナゴヤ球場へ行くと、ふらっと木下さんが来るような気がしてならない。

 「岐阜の治療院、行ってきましたよ。肩の状態、良くなっている気がします。周平に感謝ですね」

 そんな声を掛けられるような感じがする。

 ここ数日、ナゴヤ球場へ行く目的のひとつが、木下さんに会いにいくためになっている。受付と球場の間にある駐車場。どうしても、木下さんのマイカーを探してしまう。


文=川本光憲(中日スポーツ・ドラゴンズ担当)


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西