コラム 2022.09.12. 07:08

“村上封じ”成功で会心の勝利 阪神・伊藤将と梅野を突き動かした悔しさ

無断転載禁止
心技をかけて挑んだ“村上封じ” (C) Kyodo News

伊藤将-梅野のリベンジ


 “村上封じ”は今やセ・リーグ5球団が抱える共通の難題だ。

 驚異的な勝負強さと飛距離で三冠王へひた走る22歳の怪物。その打棒にタイガースも辛酸をなめてきた。




 痛打される投手だけでなく、唇をかんでいるのはバッテリーを組む捕手も同じ。甲子園球場で行われた7日のスワーロズ戦。タイガースの梅野隆太郎は、第1打席ですべてが決まると踏んでいた。

 マウンドには伊藤将司。8月17日、敵地・神宮球場で対戦した際には3回にツーシームを仕留められ、右翼へ決勝3ランを被弾していた。

 それから3週間後に巡ってきたリベンジの機会。バッテリーの狙いは、球数をかけてながら緩急で打ち取ることだった。



「やり返す気持ちで」


 「一辺倒では厳しいと思うので、カーブをうまく使いながら緩急を使いながらやれたのは良かった」(伊藤将)

 「前回ホームランを打たれたツーシームを含めて相手がどういう風にマークしてくるか様子を見ながら。球数を使っても相手の反応を見ながらできたというのは1打席目がすべてかなと」(梅野)

 2回、先頭でその時はやってきた。初球から3球連続で変化球を投じ、内・外角も駆使。最後はフルカウントから6球目のカットボールでタイミングをずらして遊飛に打ち取った。

 直球は1球のみで、カーブを3球混ぜた。緩急を生かす上でキーとなる110キロ台のボール。続く第2打席では勝負球となった。

 5回、再び先頭打者で迎えると、梅野も「いくところでは頑張ってストレートを投げてくれた」と振り返ったように、第1打席とは一転、直球を中心に追い込んだ。

 2ボール・1ストライクから投じた内角高めの141キロ直球は見逃せばボールだったが、村上は手を出してファール。直後、テレビ画面には苦い表情が映り、“ボールだったな”とつぶやいたように見えた。

 そして5球目、内角高めから曲がり落ちるカーブで見逃し三振。同じ高さでも、今度は急降下してストライクゾーンに収まった1球に手が出なかった。

 直前に直球で取ったボール球でのファウルが効いた奪三振。その後も7回無死一塁の第3打席は内角へのチェンジアップで二ゴロ併殺に仕留めた。

 この夜、3打数無安打に封じ村上の連続試合出塁も30で止める快投。111球、リーグトップの6完投目で手にした9勝目は、バッテリーが心技をかけて挑んだ“村上封じ”が導いたものだ。


 殊勲の左腕が「前回悔しい思いをしたので、きょうは梅さんとやり返す気持ちで投げました」と打ち明ければ、女房役は「“きょうやったりますよ。打たれたら知りません”っていうぐらい割り切りを持って将司が言ってきたので。最後、満足した顔を見れたのが良かったです」と後輩を頼もしげに見つめた。

 時に“痛み”も味わうからこそ、会心の1勝を分かち合うことができる。バッテリーの信頼は、こうやって強固になっていく。


文=チャリコ遠藤(スポーツニッポン・タイガース担当)



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西