コラム 2022.11.25. 07:08

チームは「家族」 広島・新井貴浩監督が5分間の訓示で伝えたこと

無断転載禁止
新井監督がナインを集めてかけた言葉とは…? (C) Kyodo News

円陣でかけた言葉


 広島・新井貴浩監督が本格的に指揮官として始動した。

 日南秋季キャンプ第2クール・2日目の11月14日にチーム初合流。練習開始前に円陣を組んで、選手34人と首脳陣を前に訓示を行った。


 指揮官が訓示を通して伝えたかったことは何だったのか。そして選手はどう感じたのか。

 まずは約5分間行った訓示の内容から振り返りたい。

 大きく広がった円陣を見て、「集まって。もっと、もっと、もっと」と輪を小さくしてから話し始めた。

 「言いたいことは2つある。まず1つ目は、お前たちが思っているより、俺はお前たちみんなに期待している」
 「2つ目は、好き嫌いでの起用を絶対にしない」

 指揮官は練習後に取材に応じ、「やっぱり一番伝えたかったのは、お前たちが思っているより俺はお前たちみんなに期待しているぞ、という自分の気持ち」と説明している。


 訓示内では「シーズン入ると、こんなところで俺が投げるの?こんなところで俺が代打?こんなところでスタメン?俺、一軍に上がるの?ということが多くなると思う」と予告する場面もあった。

 これは10月中旬に行われた就任会見で言及していた点と重なる。

 チーム再建の道筋についての質問には「まずは若手の底上げ。力をつけさせることが大切」と答え、投手の起用法を問われた際には「1-0で“この(中継ぎ)投手いくの?”ということがあるだろう。逆転されるかもしれないが、腹をくくるしかない。良いことも悪いことも経験しないと成功しない」と思い描いていた。

 新井監督は目先の結果だけで選手を評価するつもりはない。期待する選手にチャンスを与え、実戦を通して成長を促そうとしている。


 また、「好き嫌いでの起用は絶対にしない」と宣言。訓示内で時間を割いて力説したように理由は明確だ。

 「お前たちはカープという大きな家にいる。だから家族同然だと思っている。自分の弟やお父ちゃん、お母ちゃんが嫌いか?それと同じ感覚で、嫌いな奴は1人もいない。みんなが好き。カープという家の中にみんなで一緒に住んで、みんなで切磋琢磨して頑張ろうという考えだから」

 現役時代からチームを「家族」と表現してきた。

 現役当時の指揮官を知る野間峻祥は「期待していると言っていただくと、より一層やる気が出る」と気を引き締め、ともにプレーした経験のない栗林良吏は「自分のモチベーションも上がるし、チームの士気も上がった」と指揮官の言葉の力に驚いた。


広島に“熱狂”をもう一度


 この訓示は、秋季キャンプに参加していない主力にも届いた。

 秋山翔吾はメディアを通してチェックし、「助け合い、ときに厳しくするという点で(家族は)凄く分かりやすい言葉だなと感じた」と言及。同じくキャンプ不参加の西川龍馬は「新井さんぽいなと思った」とうなずいた。

 そして、図らずも秋山と西川は「僕たちのやることは変わらない」と同じコメントをした。主力としてチームをけん引するという自覚は、前政権から一貫している。


 とにかく、わずか5分間の訓示で監督の考えがナインに共有された。

 訓示の最後には「楽しいこと、うれしいこと、苦しいことも悲しいこともみんなで共有する。みんなで強くなって、みんなで優勝する。みんなで日本一になりたい」と言葉に力を込めた。

 指揮官は、就任会見でファンにメッセージを残している。

 「カープファンのみなさまへ。マツダスタジアムで真っ赤に染めてほしいです。そして、選手に力をください。私たちはみなさんを喜ばせ、みなさんの気持ちを真っ赤に燃えさせるように頑張っていきます」

 そうした熱狂を起こすためのチーム像が秋季キャンプを通して見えてきた。

 「新井カープ」は、赤ヘル一丸を掲げてチーム全員で戦う。


文=河合洋介(スポーツニッポン・カープ担当)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西