ニュース

オリックスの捕手といえば…最近10年の最多出場選手を振り返る

無断転載禁止
オリックスの伊藤光

昨季は若月が最多出場


 昨季最下位に終わったオリックス。リーグワーストのチーム防御率4.18に終わった投手陣の立て直しが急務だが、その投手陣をリードする捕手の固定も重要になっている。昨季、捕手の最多出場は84試合の若月健矢。捕手で100試合以上出場した選手は、現れなかった。

 最近10年間のオリックスの捕手最多出場選手を振り返ると、日高剛、鈴木郁洋、伊藤光と3年に1回のペースで最多出場選手が変わっている。07年から3年連続でチーム最多出場の日高は2度(07、08年)100試合以上に出場。08年は球団初のクライマックスシリーズ進出に大きく貢献した。

 10年と11年は鈴木郁洋が最多出場選手となったが、100試合に届かず。鈴木、伊藤光らが交互にマスクを被ったこの年は、伊藤がチーム最多の66試合に出場。伊藤は13年から3年連続で100試合に出場し、14年はエース・金子千尋と最優秀バッテリー賞を受賞した。また、13年の台湾遠征、14年の日米野球、15年の欧州代表との親善試合で、日本代表に選出。球界を代表する選手に成長していたが、15年以降はリード面に課題を抱え出場機会が減少。16年は3年目の若月がチーム最多出場選手だった。

 今季は伊藤がキャンプで一塁、三塁に挑戦していることを考えると、若月が中心に出場することが予想される。オリックスの捕手、最多出場選手が誰になるか注目だ。

最近10年間の捕手


07年 日高 剛(107試合)
08年 日高 剛(129試合)
09年 日高 剛(87試合)
10年 鈴木郁洋(86試合)
11年 鈴木郁洋(89試合)
12年 伊藤 光(66試合)
13年 伊藤 光(137試合)
14年 伊藤 光(136試合)
15年 伊藤 光(100試合)
16年 若月健矢(84試合)
※()は捕手での出場試合数

DAZNのサイトはコチラ

DAZNの詳しい加入方法などはコチラ

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西