ニュース

『豪雨、震災を乗り越えて』中止になった熊本巨人戦、1年の時を経て復活

無断転載禁止
熊本・大分を中心に震度7を2回記録し、18万人を超える避難者が出た『熊本地震』。1年経った現在でも、各地で復旧作業が行われています。

地震が発生した2016年4月14日の5日後、熊本市で開催される予定だったプロ野球巨人戦の試合も、中止となってしまいました。

2017年4月18日、藤崎台県営野球場での模様

それからおよそ1年。公式戦が2017年4月18日に開催されます。今回の開催に際して尽力された、読売新聞スポーツ事業部の金沢さんに、今回の試合について伺いました。

中止が続いた公式戦


地震が発生した当初、巨人軍は公式戦を予定通り開催することも視野に入れていました。しかし4月16日に発生した本震を受けて、開催を中止することに。

「球場の破損状況や、宿泊施設など地元の状況を確認し、残念ながら開催を見送る判断をすることになりました。」


熊本地震の影響で中止となった巨人軍による公式戦。実は2012年開催予定の試合も中止になっていたのです。


出典:Simasakon/Wikipedia

「開場直前に豪雨が発生してしまい、その試合もあいにく中止となってしまいました。そのため前回行われた巨人軍の公式戦は、2006年までさかのぼることになります。」


11年ぶりに熊本に降り立った読売ジャイアンツ。現地の人たちも待ちに待っているそうです。

「11年越しに開催されるということで、歓迎していただけてるようです。"ジャイアンツが来てくれる!"と楽しみにしているという声をいくつもいただいています。」

今年は、内野席3塁側エリアの一部を『復興応援シート』や少年野球の子どもたちへの待遇など、家族連れの人たちにも気軽に来れる施策を用意しています。

「今回開催に関わってきた人たちは皆、熊本の方々を、少しでも元気づけれればいいなという想いがあります。主催者だけではなく、熊本出身の立岡宗一郎選手も「地元の力になりたい」と強い想いでこの試合に挑んでいます。」




「巨人戦が熊本で開催されるのは11年ぶりのことです。試合以外にもマスコットやチアガール、演出など、普段は本拠地の東京ドームでしか体験できない雰囲気を思う存分楽しんでいただけたらと思います。」


熊本地震から1年後の巨人戦…。対ヤクルトの試合は18:00から開催されます。試合の模様はニッポン放送『ショウアップナイター』で聴くことができます。さまざまな想いが詰まった、記憶に残る試合をぜひ!

ショウアップナイターをradikoで聴く
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM